About blogakiko

こんにちは。 吉田歯科クリニックの歯科衛生士二井愛子です。 ブログに訪れてくれてありがとうございます! 日々の活動を綴っております。 アメブロもよろしくお願いします!!! http://ameblo.jp/mberry777/

企業研修をしました。

本日、職場の吉田歯科クリニックで
スタッフ皆で研修に行ってきました。

渋谷の外苑前にある「ダイアログ イン ザ ダーク」さんです。

初めてでしたが、ネットでどんな感じなのかリサーチしていたので。。。
緊張してました。
目が慣れてきても、見えない真っ暗なところにいる事。
それに耐えられるのだろうか?という不安もありました。

ですが、むしろ最後は居心地良く慣れてきた感覚がありました。

それよりも、何よりも
チームビルディングという事の研修ですね!

前にCHPのHTPコースでも
「チームビルディング」の研修をした事あるのですが、
研修する中身は違いますが、
自分がどんな人なのか浮き彫りになるんですよ。

「二井愛子」という人物がすっぱ抜かれて、恥ずかしいんです。
ただ客観視するというのでは、本当に自分に取って良い研修です。

そして…
5年前のHTPコースの時のチームビルディング研修時と今日の研修ですが、
全く同じ事を言われたのでビックリひゃ~・・・!

本当にスゴい!と思いました。

トレーナー、講師の先生は
もちろん別人なのに、えーっ!!

そうだ!CHPの諸井先生が同じ事を!と思いました。
シンクロです。全く同じじゃ~ん!!!!
どこ行ってもそうなの?と思いました。

それもビックリですが、5年前と変わってない、
自分が成長してない事にびっくりした(@ ̄Д ̄@;)

以前に諸井先生が
私のタイプは、宇宙人。
だから
「周りは迷惑なんだぞ~っ」て
言われた事あるけど本当にそうなんだと思います。

宇宙人タイプと一緒に毎日働いてるスタッフに本当に感謝ですよね。
ご迷惑とご面倒おかけしてます。

私は…、
この短時間(30分~1時間)に
私の事を、こんなに理解してくれる人がいた事に
すごい感動しました。
トレーナーの¨きのっぴー¨過ごすぎますビックリ!!

時間制限されてて、チームで一つのものを作り上げるのですが、
やっぱり慌てて、一生懸命伝えてるのに伝わってない( ̄□ ̄;)!!
ですが
”一生懸命”は伝わってるんだなーと感じました。

皆と違った状態で理解してる事です。
それは、もちろん悪い面があります。

説明して理解するのに、私の場合は違う捉え方なので汗
ご迷惑とご面倒をかけるところなんですよね。
同じ事するのに、より丁寧に説明を”個別”でして頂き
わかるようになったりして、途中まで違う事してたり(;^_^A

どんな状況でも冷静に。話を聴いて
落ち着いてから考えて。
よく落とし込んでから行動

今日からそうしていこう!

良い面で考えると、
違う感覚を持ってるから、
真っ暗中で、お茶会をする内容もあったのですが、
皆が「ミルクだ」「クリープだ」という固定概念みたいなのが
「コーヒー」とわかったりおんぷ

一般的に私は
「理解しにくい人」なのであろうと感じてます。
だからわかり合うのが難しい事もあり、生きづらさもあるのですが。。。

理解し合った時に大きな気づきと、やっと共有できた!
という感動がありますヾ(@^(∞)^@)ノ

ズバッと言い当てられ
自分はこうなんだ!!とわかった瞬間
この研修過ごい!って感じました。

そして最後に、きのっぴーが
「自分を見失ってる時はここに来て」と言ってくださいました。

もしや
なんでも見抜いてるのかなって。

ここ1年以上
毎日やる事が多くて、落ち着いてブログ書く時間も無い事が、ずっとだったんです。
確かに自分を見失ってたから、今日ここに来たのかなって。

またblogに書き留める事も
今日から大事にします♪

そして少ない時間の中で
「私の事、わかってくれてる人いるんだな~キラキラ」と感じた事が
今日何よりの感動です。

そして
わかってもらえる事が、こんなに嬉しいんだ♪
という大きな気づきです。

普段支えてる方達に感謝ですきらきら

CHPでも会報誌でお世話になってる池原先生。
「少しでも二井ちゃん色は残したいと努力してるけど
皆にはわかりづらいから」
と原稿によく赤ペン入って
自分的にはOKで、自信あっても一発OKがないのですが、
校正して頂くと、表現の仕方や文章の組み立てなど
「私には、ない!!」という違いに勉強させて頂いてます。
そして、皆さんに伝わりやすい文章にしてくれてありがとうございます。

気持ちや、想いを伝えるのにも、
衛生士会の志保りんには、
私のわかりにくい言葉を懸命に聴いてくださり、
自分の想いや、会の方向などを明確に惹き出して頂いてます。

ミキティは、私の事をよくわかってくれてるので
二井ちゃん語をわかりやすく言うと「こんな感じ~」と皆に通訳してくれたり
本当は二井ちゃん伝えたいのココの部分でしょ?と言ってくれた時
すると私も「そうなの~!」とか!

本当に周りの方に支えられてる事に、感謝致しました。

 

医院ミーティング

今日は、2月14日のハートバレンタインデーハートです。
医院でも後輩のスタッフから手作りの焼き菓子を頂いたりしました。
これ↓

もう一つは、皆でお取り寄せスイーツ♪
すぐ食べちゃいました。
企画してくれたのは衛生士濱ちゃん。
ありがとう!!

北海道「ルタオ」のバレンタイン限定だそうです。

今日は、午前中の半日使っての医院のミーティングでした。
これは、医院での初の試みでするん

ミーティング内で勉強会をさせて頂きました。
時間がたっぷりあるといいものです。
40分くらいかけてしました。

MFTですね!

呼吸、発音、咀嚼、嚥下の育成とも言われてますが
正しい安静位、咀嚼、嚥下に絞ってお話と実習(体験)といった内容です。

基本的にこれらを正しく導くのに、一人の患者さんに1年以上寄り添うかたちとなります。
医院で一人でわかってたり、一人でしても医院がまわりません。
非常に効率が悪くなるので、トレーニング指導できる人が6~7人いると良いです。

スラムダンクの桜木花道花道と一緒ですね。先生
パスの基礎、ドリブルの基礎、シュートの基礎…

安静位(リラックス時)、咀嚼(噛む)、嚥下(飲み込む)は
すべて基礎があり正しい方法があります。
呼吸と発音にも関わっちゃうからこりゃ大変です汗
しかも人間、毎日してることです。

「基本が大事」

とにかく基礎が身につくまで、身体に覚え込ませるしかないので
まず正しい姿勢位を知り、意識して正しい姿勢を取れるようにします。
あとは、寝てて起きた瞬間の状態を確認したり
起きてるときはTVをみてたり、こうしてパソコンしてる時にも時々意識して
できてるか確認します。(気づくと私、結構できてません…まだまだです( ̄∇ ̄+))

そして、また意識しての繰り返しです。

ミーティングでは、
プロジェクトの話が出ました。

会社のようにプロジェクトチームを組んで
TRYを今年からするのですが、一人でプロジェックトするより
チームで結果を出す方が良いですねハート

スタッフ紹介〜

こんにちは。
吉田歯科クリニック 歯科衛生士二井ですミッキーQ紫

吉田歯科クリニックは
常勤ドクター3名、非常勤ドクター3名
歯科衛生士5名
スマイルクリエーターという(助手さん、受付さん、TCさん)職種がありまして
スマイルクリエーター4名
滅菌消毒の専属スタッフ1名
事務スタッフ1名
歯科衛生学校の学生さんがアルバイトに来てます。

皆、和やかな雰囲気で日々すごしております。

クリニックでは、待合室にボードを置いてスタッフ紹介してます。ニコちゃん

スタッフボードを楽しみにして頂いてる来院者の方もいらっしゃるので
気合いを入れて皆で作成しております(^O^)/

桜、夏サマーやしの木、秋栗、冬雪だるまと季節ごとに変えてる?予定です。

今の待合室に飾ってあるボードはこちらした

 

一応、皆のキャラクターがわかるように
占いで紹介になっていますが、冬は「あったか鍋占いpot*

ちなみに…
院長は「おでん」です。

他にも「てっちり」「湯豆腐」
王道の「寄せ鍋」「しゃぶしゃぶ」「すき焼き」「水炊き」など

自己紹介を書いて
鍋占いで出た鍋の名前、簡単に占い結果、「今、ハマっていること」
が一人一人書いてありますピース

そして

その鍋の具材を切って、写真と一緒に貼ってあります土鍋

みんなの個性豊かなキャラを紹介することで
来院者の皆さんとの距離を縮めたり、コミュニケーションに繋がるといいな~と思います。

ちなみにその前は、「すし寿司占い」でした~。

 

ブラックボード

今日から3月~桃の花

まだ立ち上げて3日の新米ブログですがよろしくおねがいします!
立ち上げたばかりなので、まだ変わりますいちごなめこ!
もう少し環境を整えて(サイドバーなど)、デザインも変わっていくかと思います。

クリニックの事
いろいろと伝えていきたい!!ハート☆発信していきたい!!*想いでいっぱいですが

今回は玄関に置いてあるブラックボードを紹介します。

ブラックボードで、スタッフボードの紹介をしてくれてます。
衛生士の柾谷さんは、とってもイラストが上手なのです。
今回のも歯の絵がかわいい可愛い歯♪オンナノコ♪
絵心がありますよね!
ブラックボードいつも素敵だなきらきらと思ってます。

ちなみに私の自信作コチラ

だいぶ前ですが、2012年のお正月のブラックボードで
干支だった「龍」を描きました~辰

もう二度と描けないと思います。
こんなにうまく描ける事は滅多にないので(>_<)

そして…院長はいつも恐い絵を描きます。
何が恐いかというと、何者かわからない絵です。
文章では言い表せません(T▽T;)

気になる方は、今度写真撮ってブログにアップするので観といてください敬礼

なんというか、その場で思いついた絵なのかと思うと
毎回同じ絵を描いてて、しかも同じように描けるのです。
それがスゴいなと思います。

 

 

写経体験!

明けましておめでとうございます。

歯科衛生士二井デス(^-^)/
お正月の、三箇日もあっという間に過ぎ
4日経つなんて…

毎年冬休み中に鎌倉大仏1に行くのですが、
今年は行けてないです。
10月に行った時の事を書きますきゃっ‼

文学館でバラ
をみた後、
長谷寺に行きました。
長谷寺では、今回のメインイベントである
写経体験をしました♪

同じ職場の小山さん&小林さんでーす!!

今回は、事前に3人で行きたい所や、やってみたい事を
聴いてみたところ

小山さんは「江ノ電江の電に乗りたい。」「長谷寺に行きたい」
小林さんが「写経お坊さんを体験したい」
私は「文学館に行って、バラバラをみたい」でした。

調べてみると、長谷寺と文学館は近くて歩いていけたり、
長谷寺で写経体験ができるという事で、
江ノ電で「由比ヶ浜駅」まで移動して、帰りは「長谷駅」から乗るなどで
江ノ電も乗れるし、全部実現できちゃう!!!

写経体験は、30分の体験コースをしました。
写経は「心が洗われる、スピリチュアルな体験」との事で興味津々ですうれしい!!

受付を入り口で済ませてから、
写経の用紙と共に、簡単な説明を受けました。
わお!!本当にそれだけなんですビックリ
用紙に細かく注意事項や、手順が書いてあるので読んどいて下さい的な感じです。

長谷寺の中に入るとすぐに会場案内が目に付きます。

 

少し長谷寺のお庭を楽しみつつ
あっという間に会場の「弁天堂」に到着しました。

みると…大変混んでて満席状態です(T_T)

弁天堂の外に竹でできたベンチがあるのですが、そこにも待ってる人がいて
ベンチもいっぱい状態。
いつ入ることができるのか謎デス。

ただ一つスゴイと思うのが、皆さんが穏やかな表情で待ってるのと、
誰も管理する人、整備する人が場にいないのに、ちゃんと順番に待ってるという事。

この事を感じた時に、DHカフェでの千田さんを思い出したんだですね。

受付にしろ、待合所にしろ、そこに誘導したりするものさえ置いておけば
人が管理したり、コントロールしてないような場を作る事と重なりました。

お寺というのはそういう場所で
自ら場に行って
案内のサインはあるものの、人から誘導される事はなく
自分でどうするか考えていく。
自分がその場で、場に適応していくという感じです。

結構混んでて、待ってる時間の間に
近くの弁天窟という洞窟をみたりしたのですが、
中の構造が複雑で迷路みたいでした。

戻ってくると、3人席はバラバラになるけど、3席空いてたので
早速、弁天堂に入りました。

後ろから、グループで来た人や、外国人の方達などが覗いてみてました。。
あまりに沢山いるので、どなたか受付に声をかけて
弁天堂の前にあるもう一つの写経会場「慈光殿」をお寺の人が開放してくださいました。

この時も、
自ら動いて、呼びに行った人がいて、その場の人達で状況を解決してるなーと感心しました。、
沢山待ってた人も、そちらの会場へと入れたので良かったです(^O^)/

写経では、受付でもらった用紙に書いてある手順に沿って
皆さんされており、ここでもお寺の人など、案内したり、管理したりする人は会場にいません。

自分で周りの人を観ながら、見様見真似でやります!
シーンと場も静かで、お話している人はいません。
黙々とそれぞれが取り組んでます。

手順に書いてある事は、まず弁天様の仏壇に
まずお線香。写経するための目的を告げます。

その後、準備するのですが、
机に必要なものは、一通り揃ってるほか
みんなで使う水差しなどが、前に置いてあるので、
目で視て、状況確認してですね「ここにある水差し使っていいんだ」など
自分で理解していく。
誰からも言われる事がなく、教えてくれる人がいるわけでなく
という所が今は本当に無いんだな…って感じました。

日本て「接客」「サービス」
仕事上そういう場なので、どうしようも無いのですが
ご案内はもちろん、細かなところまでサービスが行き届かないと
いけないような環境なのですよね。

どうしても、相手が脳をフル回転する前に、
こちらから声をかけしたり
丁寧に、わかりやすい説明をしてます。
考える前に、聴いたりしますしね。

すると、今日みたいな体験は貴重ですぷんすか
聴ける人が、その場にいないわけです。
皆が同じ状況の中です。

自分て普段が、ほとんど考えないなーと感じます。

その前にDHカフェというのに、出逢わなければ、
その考え方に触れる事もなかったし。
今回、こんな風に感じなかったかもしれません。

それから
机に移動するのですが、それがまたスゴイのです!!
前の人が、きちんと次の人のために、スズリや筆を洗ってくれており、
綺麗に拭いてあるんですけど、伝わりづらいと思いますが
その綺麗な状態が、使い回しと感じない程の状態なのでビックリしました。

スズリと、墨をする行為が久々すぎて新鮮アップ

最初は、薄くなってしまい、もう一回すったり
墨をするというのが、日本人みんな知ってるんですよね。

筆でお経をなぞっていくのですが、
やっていくうちに字が綺麗になっていくような感じです。
無心にする事はできなくて、ドキドキしながら
あっという間に書いて、最後に願いを書いて、名前と住所を書いて
弁天様に奉納します。

その後も
周りの人をチョロチョロ観たりしながら
お片づけです。
水道がどこにあるのかな…と気にして視てたんですけど
見えるところに無いので、硯とか筆どこで洗うのかな?と
不思議っと思ってたら、
どうやら、あそこかな?という
すずりや、筆を持って並んでる人がいるので、後ろに並んで
前の人が使ってるスポンジとフキンを視て、あれを使うのね!と確認。
同じようにやっていき、私がに見た時に感じた
綺麗な状態になるように席にセット。

次の人が、気持ち良く使っていただけるといいな~

終わった後は、本堂にお参りしました。
その後、「経蔵」というお経が納められてる蔵に行きました。

 

中に入ると「輪蔵」と呼ばれる回転式のお経を収める蔵があります。


一回転させると、一切経をすべて読んだ功徳が得られるといいます。


わかりますか?写真の「写経とは」という下も棚になっていますが
この蔵は、壁一面が天井からずっと棚になっており、沢山の写経が!!

最初白い壁かと思ったら、白いのは、写経の束なんですよね。


なお、こちらには、私たちが書き終えた写経が末永く納められるそうです。
素敵ですよねステキ

写経をして、いろいろな事を感じて本当に貴重な体験でした。
自分の身になる事ばかりです。
こんな風にレポートじゃないけど書く事で、気付いた事が多く、
ちょっとした研修ですよね~。
自分磨き、心磨きになりました。

ありがとうございました~。

MFT

こんばんは。

久々の投稿になりました歯科衛生士二井です。

 

本日は、クリスマスですね!

こちらは先日、講習会の会場に飾ってありましたクリスマスツリーです。

11月末にMFTのベーシックコースに行って参りました〜。

 

このMFTの講習会は30年以上続いており、

私の生まれた頃から始まってるという事です。。。

講師は、アメリカ、カリフォルニアのZickefoose夫妻です。

 

MFTとは???

Orifacial Myfunctional Therapy

functional…機能

 

日本語では、「口腔顔面筋機能療法」といいます。

どんなものかというと、人が基本的に生活する上で行う

呼吸、発音、咀嚼(噛む)、嚥下(飲み込む)という動作の口。

その中でも、

口唇

下顎

この3つの部分の正しい安静位を獲得する事ができるようになるのが

MFTです。

まず講習会では、正しい位置を理解する事から入ります。

 

安静位という事で、寝ているときや、テレビを観てるときのリラックスした状態です。

リラックスしてる時は、お口が開いてるより、閉じてる状態が正しい状態です。

 

1912年に、口呼吸が形態を歪ませる影響を持つという理論を提示したそうです。

そこが最初の原点みたいで研究も進み、それから長い歴史を経て、

現在は、「咀嚼、嚥下の機能障害」が問題となって

形態異常を引き起こす可能性があるのでは?という概念になってきたりしてるみたいです。

 

わかりやすく例えるなら、

むし歯や歯周病の治療をしても原因であるプラーク(歯垢)。

プラークが落とせるように歯ブラシを改善するなど、

原因を改善するのが、機能訓練ですね。

 

まずは、

口が開いてる事に、気付く事が大切です。

 

TVを観てるときや、気付くと口が開いてしまってる状態の場合は、

相談して頂けると良いでしょう。

 

その中でも、口が開いてしまう原因に、舌の問題がある場合です。

舌の位置が低い位置である場合、口を開くという事にも繋がるという事です。

 

本来、舌はどの位置が正しいのか?それを学びました。

舌が突出してしまってる場合は、しばしば口が開いており、口呼吸が多いそうです。

 

舌の位置が、歯と歯の間にあったり、さらにその下にある場合は、舌の位置が低いと訓練が必要となります。

 

舌の位置が低いと、「タングスラスト」という診断になります。

日本語は、舌突出癖です。

 

咀嚼や、嚥下の時に正常との違いが明らかです。

食べてもらうと、どこの筋肉が動いているか観れば

舌突出か、すぐわかるのです!!

 

観察魔になっちゃいそうです。

 

訓練も、すぐ身に付くものでなく、長年の習慣を変え、

新しい習慣が身に付くまで一年くらいかかります。

 

なので、その間通院するなど根気とやる気が必要です。

本気で治したいという意思も必要です。

 

例えば、その事で嫌な思い出や、経験があったり

その事で困ってる場合は、トレーニングすると良いと思います!

 

私は小さい頃からアレルギーで、花粉などにも敏感で

季節の変わり目は鼻炎で悩まされてたので、口呼吸の習慣があったので

このトレーニングしてます!

 

効果はありです。

寝てるとき、ふと目が覚めたら

舌の位置がちゃんと上顎のスポットにある!

口が閉じてる〜と実感して、自分として感動しました。

 

トレーニングすれば、新しい習慣になって

生活の変化は一番自分自身が気付くでしょう!!

夜の口の乾きによる不快が、だいぶ減りました。

今まで、口の中を潤わせる保湿ジェルなど試したりしてみてましたが

一番は自分の口腔機能訓練が効果あり!!です。

☆私は、このまま続けます☆

そして家族に伝えていってます。一緒にトレーニングしたりもしてます。

 

ちなみに使う道具はこんな感じで、日常にあるものでできますよ〜

口が開いてる習慣は、

学校の保健室にもポスターで「口呼吸」の問題のポスターがありました。

すごい大きなポスターで目につきます。

 

口呼吸って、異常なの?

普通でしょ?と考えてしまう程多くなってるのか。

 

MFTは、日本では矯正専門医さん、小児の専門医さんの所では

しっかり受けれるものとして普及されてます。

最近は、一般の歯科でも普及があり、多くのドクター、衛生士がこのコースを受講されてるそうです。

私のときも360名が、このテクニックのコースを受けてました。

 

 

横浜市の小学校ではMFTが、授業の一環で行われてるところもあると聴きましたし

普及は広がりそうですね。

 

 

小児歯科学会

こんにちは。歯科衛生士二井です!

子どもがいることもあり、小児に関わる機会も吉田歯科クリニックでは多いため、一年前に日本小児歯科学会に入会致しました。

またプライベートでは、小学校の去年PTAの役員をしました。

2年前は学年学級委員(子どもの学校は”ふれあい”委員会と言ってますが)学校に行く用事が多く、娘のクラスに行く事もよくありました。

今年は役員の選出する委員会です。

くじ引きで委員長になってしまいました。。くじ運スゴくないですか!?

学校の先生にもお世話になってるので、何かできる事あればという想いで活動しています。

小学校のお母様方達や、子供達にできることあればと、

歯科衛生士として知識を身につけたいと思ってます。

 

 

10月21日に日本小児歯科学会の関東地方会に参加させて頂きました。

会場は「昭和大学」♪
スタディグループと違い、学会を知らない・・・。

学会は、その専門の学術向上のため、研究されてる大学の先生や、教授。
広く普及するため地域社会に出て貢献されてる先生
その学術に秀でてる先生が、臨床で実際行ってみてどうかなど、
私の受けた印象はそんな感じです。

知り合いのたまちゃんこと千葉県の松戸市開業の中村先生とご一緒しました。

ちょうど中村先生の母校の昭和大学という事です。

昭和大学にも11年勤務されてるということで↑大学勤務の時は、認定医だったそうです。今も開業医で小児専門の医院の院長先生です!
そして学会の先生の行き交う人、行き交う人が知り合いのようです。

先生がいなかったら、今日の会場にたどり着けてないし、
昭和大学めちゃめちゃ広いので医学部、歯学部、薬学部とあって
会場も迷路でした...

朝の特別講演は「食育」に関して
途中からお昼までは、先生に大学を案内して頂きました。
ポスター展示や、商業ブースをみたり、談話したり。。。

午後の歯科衛生士セッションは、「マタニティー」
妊婦さんや産婦さん、お産後~1歳までの
お母さんや赤ちゃんとのどう関わってるのか実際の活動をお話して頂く感じでした。

産科と歯科の連携や、
助産師さんが、歯科保健指導している実情は
どのような状態かなど
歯科衛生士はどうしていくべきかなどです。

助産師さんは、確かに妊娠期~産褥期までみっちりと
お伝えする事が盛りだくさんです。
お口の中の事をお伝えする機会は、歯科衛生士の方が良いですよね。

妊婦さんが歯科に足を運んで頂かない限り難しいので、
助産師さんから促して頂く事もできるといいですね。

来年度は、ちょうどタイムリーの学童期だそうです!

これは参加しなくてはっっ。来年度は神奈川歯科大でまた迷いそう・・・

受講証も頂きましたよ〜

学会というのは、発信する事に責任が重いものだと感じました。
小児歯科のたまちゃん(村上先生)とも、ランチをご一緒しました。
しかも!おごってくださいました。
未熟児~超未熟児の子ども達の研究もされてたとの事で、その体験談にびっくり!
いろいろ小児や、障害をもった子達の事も丁寧に教えてくださいました。

今回の大会の委員長の先生が先輩との事です。
「CHPの衛生士さんと行く。」事前に行ってくださり、
大会委員長の先生が、本番前に挨拶にきてくださったり。。。
たまちゃんのお陰で、学会体験できました。
ありがとうございました。