港南台 吉田歯科クリニック セレック

セレック

こんな悩みを持っている方にオススメします。

実は・・・セレックシステムの導入について、非常に悩みました。

「さすがに、機械を使ってで良い歯ができるわけないでしょ!」

最初にセレックの話を業者さんから聞いた時には、半信半疑でした。

「患者さんに安く提供できて、精度が高く、治療期間も短い。しかも、機械で自動的に出来上がる。そんな上手い話があるか!」と思っていました。

しかし、せっかくの新しい情報なので、歯科のプロとしてはこの目で確認しなくては、ということで見学に行くことになりました。そして、そこでセレックの工程を見た結果・・・

「こっ、これはすごい!!こんなに短時間で精密に、しかも天然歯のような色合いがでるなんて・・・」衝撃を受けました。

これは、さらに詳しく調べなくてはいけない!と考え、その後も世界中のセレックに関する文献を読んだり、実際に使用している知り合いの先生から情報を集めることとなりました。

そして、様々な勉強をした結果・・・これは本当に素晴らしい。

間違いなく、多くの患者様に価値が提供できる!そう確信して、セレックシステムの導入を決めたのです。
以下は文献集です。

そもそも、セレックシステムって何?

セレックシステムとは、医療先進国ドイツからやってきた、セラミックの「詰め物・かぶせ物」をコンピュータによって設計・製作をすることが可能な、世界最先端のシステムです。

通常のセラミック治療と異なり、技工士が制作する手間とコストがかからないため、従来のセラミック治療よりも非常に安価に提供することが可能となったのです。

今、セレックは日本だけでなく世界中で注目を浴びています。

なぜなら、非常に高精度で長持ちな治療が可能で、身体にも安全、しかも天然歯のように美しい歯を安価に提供できるという、数年前から考えると、歯科医師にとっても、患者様にとっても『夢のような機器』だからです。

院長も驚いた、セレックの7つの特徴をご紹介します!

1.最短1日で治療が可能。その日のうちに白い歯が入る!

「歯医者って、なんでこんなに時間がかかるんだろう」と思ったことありませんか?

従来の治療法では、せっかく何回も通って根の治療が終わったと思っても、セラミックの詰め物、かぶせ物を作るためには2~3回ほど来院していただく必要がありました。

しかも、技工所に発注をしなくては行けなかったので、歯形を取ってからも1~2週間以上お待ちいただいていました。

しかしセレックでは、1回の来院でその日のうちにセラミックの詰め物・かぶせ物を作製することができるのです。朝にご来院頂き、お仕事などの帰りにつめ物・かぶせ物を装着することが可能になりました。

2.精度が高く、虫歯の再発を防ぐ!

保険の歯では、材質の関係から精度が低くなってしまいます。そのため、歯と詰め物・被せ物の間に段差や隙間が生じてしまい、そこから虫歯菌が繁殖して虫歯が再発するリスクが高いのです。

保険の銀歯だと、74%の確率で虫歯になるというデータもあります(※北海道大学・森田教授より)。

そのため、一般的に4~5年以内に再治療となるケースが多いのです。

再治療となるほど、どんどん自分の歯がなくなってしまい、いずれ抜歯になってしまうことがあるのです。

001 それに比べて、セレックで使用するセラミックは、天然歯と同程度にすり減ってくれる性質があります。そのため、歯とセラミックの間に段差や隙間を生じることがほとんどないため、虫歯の再発を防げるのです。

また、コンピュータ制御で精密に歯の形を再現し、特殊な接着方法を行うことで精密な治療が可能になることも、虫歯になりにくい理由です。

また、実は歯科医師にとっては、セレックシステムで精密な治療を行うには設計や装着の高い技術と高度な知識が求められます。当院では、この部分に自信を持っています。時間をかけ確実に設計・装着を行いますのでご安心下さい。

3.保険の歯より4倍長持ち!外れにくい!

「かぶせ物が外れちゃったから、また歯医者に行かなきゃ・・・」という経験を、多くの方がしているのではないでしょうか。

セレックでは特殊な接着方法を行うことにより、金属の詰め物・被せ物とくらべて8倍も強力に接着するので、非常に外れにくいのが特徴です。

また、上記で説明したとおり虫歯の再発リスクが非常に少ないため、長持ちします。

歯科医療先進国であるスイスの実験データによると、セレックの15年後の生存率は94%、20年後は90%という報告があります。保険の歯の平均生存率が4~5年なので、4倍も長持ちする結果となっています。

4.天然の歯に非常に近い、自然な色合い

様々な色のセラミックブロックから、あなたの天然の歯に近い色を選択して修復物を製作します。ですので、天然歯に近い色合いを実現することが可能です。

※ただし、手作業で何重にも塗りなおして天然歯の色を再現する、技工士によるセラミック治療より、色合いはやや劣ります。保険の歯や、メタルボンド、ハイブリッドセラミックに比べると、セレックが圧倒的に自然な色合いです。

5.長い年月が経っても変色しない!

保険の歯は、時間が経つと茶色くなったり、黒ずんで来たりと時間が経つとどうしても変色してしまいます。

しかし、セラミックは材質の性質上、変色をすることはありません。

いつまでも美しく、他の歯と見分けがつかないほど自然であるという審美的なメリットが大きい
のが、セレック治療の大きな特徴の一つです。

6.型取りが必要ありません!

従来では、印象材というゴムのような材料を噛んでもらい、歯形を取っていました。あの歯形を取る工程が苦手な方、嘔吐反射がある方も多いですよね。

セレックでは、3D光学カメラで直接お口の中を撮影(スキャン)して、歯の形態を読み込みます。そのため、従来の印象採得(型取り)の工程が必要なくなり、患者様の負担が軽減します。

7.従来のセラミックに比べて圧倒的に安価

従来法では「歯科技工所」と連携してつめ物・かぶせ物を作っていきます。そのため、歯科技工所に支払う費用がどうしても発生してしまいます。

また、技工物の中でもセラミックは技工士さんの手間が非常にかかるため、どうしても金額が高くなってしまいます。その分、患者様の負担が大きくなっています。

しかし、セレックシステムでは、すべての製作工程を歯科医院で行います。そのため、技工所に支払っていた費用はかからなくなり、患者様にご負担頂く費用を大幅に下げることができるようになりました。

セレックシステム・治療の流れ

1.カウンセリングを行います

まずは、患者様の口の中の現状とご希望を踏まえて、治療方法の相談をさせていただきます。

セラミック治療は、あくまで選択肢のひとつです。ご希望にぴったりな場合も、そうでない場合もありますので、最適なものをご提案させていただきます。

2.お口の中を、3D光学カメラでスキャン

専用のカメラで、治療部位の歯の形態をスキャンします。型採りの作業は、この撮影のみで完了です。お口をしっかり乾燥させて行います。
スキャンすることで治療部の歯列がモニター上に再現されます。

3.モニター上で、歯の設計を行います

モニター上で、歯の形態の調整を行います。お口全体のバランスまで綿密に、精密に設計することにより、安定した咬み合わせを実現します。

歯の設計後は、天然の歯により近い、最適な色のものを患者様と相談しながら選定します。

4.ミリングマシンで、修復物を製作します

ここまで来たら、あとはセレックシステムのミリングマシンという機器(CAM)で、ブロックから詰め物を削り出します。設計されたデータ通りに、精密・正確に削りだされますので、歯にピッタリと合う修復物ができるのです。

5.完成です!口の中へ装着します

削りだされたセラミックを、特殊なセメントを使用して、強力に接着していきます。設計の技術と同様、この接着の技術によってセレックシステムを使った同じ治療でも、技術の差が大きく出る部分です。当院では、専門の研修を受けた歯科医師が処置を行いますので、ご安心下さい。

お電話でのご予約はこちら メールでのご相談はこちら