歯科衛生士としてのやりがいの原点

スタッフ紹介

CHP研究会所属しています。一年間日々の業務と+αで活動しました(‐^▽^‐)
詳しくは研究会のホームページあります。

chp.chicappa.jp/

どんな研究会かというと、
ヘルスプロモーションを医院で実践しよう!という活動を中心とした会です。
人間力が育まれ、感性を磨いたりする活動もあります。
"人に伝える力"もトレーニングさせて頂き、大変お世話になってます。

そこで歯科衛生士の勉強会を立ち上げて会長を一年間しました。

年に6回衛生士勉強会を開催しました。。

9月にその勉強会の振り返りを鶴見大学会館にて発表会しました。

衛生士会の様子は、CHP研究会の会報や、デンタルダイヤモンド社の 「DHStyle」2010の10月号に掲載されました。

www.dental-diamond.co.jp/shop/items/380

また、三宅島を¨音楽と医療で元気にしたい¨という荒木先生の夢に賛同し、ご協力のもと離島の口腔衛生指導、歯周治療、メンテナンスを行いました

三宅島に関して詳しくは三宅村ホームページ。
www.miyakemura.com

デンタルダイヤモンド社
¨DHStyle¨2010 9月号に「Heartfull Storyというコーナーで「私の原点~小さな女の子との出逢い~」
の原稿を書かせて頂きました

www.dental-diamond.co.jp
www.dental-diamond.co.jp/shop/items/376

原稿を書かせて頂き、自分自身の10年を振り返るとても貴重な時間でした。
原稿のお話しは、歯科医院で私が実際経験したエピソードが書いてあります。
ご興味あればぜひ!読んでみて下さいね~

歯科が嫌いだった女の子でしたが、私とトレーニングをしました。
日に日にどんどんできるようになり、
立派に治療をする姿を私にみせてくれました。そして
こんな手紙を書いてくれました

おねえさん はみがきのしかたおしえてくれて
ありがとう さくら

手紙には、お母さんから
『夜、歯みがきをしていたら、突然お姉さんに手紙を書く』いって書いてくれたものです。

もう10年経ちましたが、その子とお母さんからの手紙を大事に持っています。
ひとりの小さな女の子との一つの出逢いが、今も忘れなくて
鮮明に覚えてるのはなんでだろう?
と思います。

この時の出来事は、今も励みになっていて、自分の糧となってここまできました。
なのでこの出来事が、私の衛生士としての道の原点だと思います。

人生を揺るがすなんて…
その時はまったく思ってなかった事です。

さくらちゃん。
思い返す度、今の私の原点はさくらちゃんとの出逢いなんだ。
いつまでも忘れないよ。
さくらちゃんの成長していく姿を、毎回来る度に実感できた事が
私の喜びでした。手紙を書いてくれて本当にありがとう。
今でも大切に持ってます。

私が衛生士を続けてるのは、そんな素敵な出逢いがあるからです。

人との"出逢い"を大切な宝物と思えるようになった事。出逢いに感謝してます。

どこで自分の人生に大きく影響するのかも、
自分の人生が変わるようなきっかけになるのかも、
その時は、わからなかったのです。

もしかすると今日、今起きる出来事が後々になって、
いつしか年月を超えた時に、未来の私に影響を与えてくれる事に
なるかもしれないのです。
そうしたら普段の仕事をしてる日常が、
なんだかおもしろくも、ワクワクしてきます。
後ろを振り返った時に色濃く感じてる事です。

自分でこの道を作ったんだと誇りに思えるような、日々の積み重ねをしたいと思います。

吉田歯科クリニック歯科衛生士 二井 愛子

お電話でのご予約はこちら メールでのご相談はこちら