港南台の歯科で、自費診療を受ける前にお読み下さい

歯医者さんの自由診療ってどうなの???

歯医者さんで自由診療を勧められると費用が高く付くだけの事で、自分には関係無い、保険の普通の治療で十分、と思われる方は少なく無いと思います。

自由診療と保険診療は何がどのように違うのか

皆さんはご存知でしょうか?
昔から、『前歯は保険が効かない?』とか、『いい材料を使うと自費になる』とかいう話を聞きます。そういった治療部位や使用材料による差で分けられるものなのでしょうか?

日本の保険制度とは

日本の医療制度は、国民のほぼ全員が加入し、国民の誰もがいつでも病院にかかれるということで、「国民皆保険制度」といわれています。

これは世界的にもとてもすぐれた制度で、その恩恵を受け、日本人の平均寿命は世界的にも常に高いレベルで維持されているといえます。

歯科の分野においても、この制度が作られた昭和30年~40年ごろは、虫歯の洪水状態であった多くの人々が救われました。安価な費用で、最低限の痛みを止める『治療』が受けられたからです。歯の神経を抜く『治療』も、歯を抜く『治療』も、その後入れ歯を作る『治療』も、すべてこの保険内で行うことができました。

しかしながら今の時代においては、もはや虫歯を削ることや歯周病で歯を抜くことよりも、虫歯や歯周病にならないよう予防することの方が大切になってきました。

にもかかわらず、これら予防処置のほとんどに、健康保険を使うことは残念ながらできません。

いまだに歯科保険制度の中心をなすのは、歯を削って詰めること、痛くなったら神経を抜くこと、だめになった歯を抜いて入れ歯を作ることなどの『治療』と呼ばれていることなのです。

繰り返しますが、現行の保険制度は昭和30年頃に整備され、高度成長期の中、ムシ歯を減らす事、失ったら補う事に注視していました。その制度が今でも続いているのです。歯周『治療』、ムシ歯の『治療』、入れ歯の『治療』が中心です。

本来行うべき、治療計画立案、診断、噛み合わせなど、全体をみてから局所を検討する考えはないのです。

しかし、保険制度が悪いという事ではありません。基本的に、国民が皆平等に定めた医療を受ける事ができるという意味では良いシステムと考えます。先進国でも、歯科治療が日本のように保険に組み込まれているところは少ないです。

その反面、現代の世界レベルの良いと思われる治療や健康維持(予防治療)は受ける事ができないという問題があります。

保険には定められたルールがあり、それを無視して行う事はできません。一定レベルの治療を提供するという事です。そこには『もっとこうした方がいい』『これ以外の方法が良い』など、我々に裁量がきかないこともあります。

そして今日の社会情勢からすると平均年収の低下、老老介護、雇用者の1/3が派遣社員化、事実上の年金システムの崩壊など、個人リスクが高まる中、これからの医療費の財源は捻出できないと考えられます。医療を保険で行える事が制限されると予測されます。

現行保険制度では、優れた治療、希望通りの治療、そして医療者が日々研鑽した良き治療を、すべて保険で提供できるものとは言えない事も理解していただきたいのです。

通常、同じ歯を5回再治療すれば、歯の傷は大きくなり、その歯は抜かなくてはならなくなるといわれています。

(sheiham,1994)

同じ医療でも内科や外科の場合、7~8割の治療が国の保険制度を利用して、治療を行うことができます。しかし歯科医療の場合、ほとんどの治療方法・材料は自費診療のみで可能な制度になってしまっており、保険適用可能な治療は、全体の一部なのです。

そのため、より良い治療を選択する場合には、自費診療の範囲となってしまうのです。

歯科業界における、保険診療と自費診療の位置づけ

真の意味での治療とは

さらに少し掘り下げて考えてみますと、この『治療』と記しましたことは、実はすべて真の意味での治療行為ではないといえます。

治療であるならば、病気が文字通り治らなければならないはずです。歯を削って詰めても、また隙間から虫歯が再発するようでは、治ったことにはなりません。ましてや、ぐらぐらになってしまった歯を抜くことは、当然治す行為ではなく、歯周病の治療とは言えないはずです。

義歯治療はよく眼科のめがねにたとえられます。
眼科で眼鏡治療とは決して言いません。
それは失われた視力をめがねで補うといった機能回復だからです。
これは裸眼視力を直接治す近視治療とはあきらかに異なるものです。

義歯もまったく同じで、失われた歯の咀嚼能力を補うための機能回復であり、決して『治療』ではないのです。

私達は自分や自分の家族が受けたい歯科治療を常に考えます

もっとも大切なこと、それは、一度治した歯がずっといい状態で長持ちすることではないでしょうか。

『丁寧』『慎重』『確実』な治療を目指して

今の日本の健康保険では、『時間』に対する評価はありません。
一本の歯の虫歯治療に、一時間じっくりかけるのと、10分で済ませるのとで、その治療費に差が生じることはないのです。

赤字覚悟のボランティアであれば、保険内でそういった時間をかけることも可能ではありますが、医院を維持していくのに必要な採算性を度外視するわけにもいかず、低い保険の評価の中では、良質な医療を提供するのに限界があるといえます。

これが、自由診療(保険外診療)を選択された場合には異なってまいります。
私たちのクリニックでは、治療にかける時間は、あくまでもその歯にとって、理想的な治療の行程に必要な時間全ての合計で決められています。

虫歯の取り残しがないように『丁寧』に、歯を削り過ぎないように『慎重』に、虫歯が再発しないように『確実』に…。こうした虫歯一本の治療に対し、最低でも一時間から一時間半程度のご予約を確保させていただいております。

大切なのは、こうした時間の制約のない、『丁寧』『慎重』『確実』といった治療を行うことで、その歯を二度と再治療せず、長く持たせることが初めて可能になってくるという事です。

よく保険と自費の違いは、『治療する部位や、詰めたり被せたりする材料の違いだけ』という誤った認識が蔓延しています。

もちろん、材料や使用する機器などが違うというのは事実ですが、こうした『時間』の要素が、実は大きなウェイトを占めているということを、皆さんに是非知っていただきたいのです。

そこで、吉田歯科クリニックでは、自費診療を図のように考えています。

予知性を持って、患者様の将来を見据える提案を考え、質の高く、生物学的に安全で、構造がしっかりし且つ機能的である医療を提供する

そのために、多くの研鑽を日々行い、トレーニングをし、器具設備を整え、優秀なスタッフ確保を行っています。

そこに、気持ちが若返る、健康に対する安心感を持てる、美しさに対する幸福感がプラスされる様 診療にあたって行きます。

歯科医療においての保険治療と自費治療の位置づけを知っていただき、あなたの求める治療の選択にお役立て下さい。

患者様に適した治療方法を選択できるように・・・

長年の歯科関係者の願いとしては、全ての患者様に対して、保険診療内で「ただ噛めるようになる」という事ではなく、「より快適に」「より生活の豊かさを実現することができる」、良質な歯科治療を提供したいのですが、どうしても国の制度の壁に阻まれてしまいます。

ですので、当院では保険診療と自費診療それぞれの「特徴」「材質」「費用面」などを比較しながら、患者様の要望をお伺いして治療方法を相談の上で治療方法を決定しています。

何を望むか、どこに価値を感じるかは患者様次第です。ただ、そもそもどのような違いがあることかすら、一般の方は知りません。

ですので、当院では皆様がご自身が希望される治療を選択できるように、丁寧に分かりやすく説明を行いますので、ご安心下さい。

また、何かご質問や不安な点があれば、歯科医師・スタッフまで、お気軽にお声かけください。

自費診療に関する料金表はこちら
良質な歯科医療を提供するための取り組みについてはこちら
インプラントについてはこちら

お電話でのご予約はこちら メールでのご相談はこちら