床矯正から顎顔面矯正へ

床矯正から顎顔面矯正へ

『健全に永久歯のはえる場所がない!』

『二枚歯になっている』『永久歯の前歯が重なっている』

『いびきや口で呼吸をしている』

『床矯正でも間に合わないかも』

上記の事などでで悩んでいませんか?

当院では、矯正治療のひとつである床矯正を開院から150症例以上行ってきました。そして、多くのお子様が、早期の段階で歯並びを改善することができました。

実際に、当院で矯正治療を行ったことで、冒頭のように多くのお喜びの声をいただいてい
ます。

小さな頃から矯正治療を行うことは、「治療方法が多い」「期間が短い」「治療費が安く済む」「成長に合わせて改善できる」「抜歯をしなくてすむかもしれない」など、多くの利点があります。欠点は、「親の管理が必ず必要」「成長をみながらなので、時間がかかる」などです。

床矯正を推奨していましたが、床矯正治療にも欠点があります

それは(例外はありますが)床矯正の適応は4歳から6歳くらいまでということです。それより大きいお子様にはなかなか変化が少なかったことです。

さらに、床矯正は歯の傾斜移動なため後戻りもありました。

当院でも床矯正だけで終わるお子さんは30%から40%くらいです(その後は、ワイヤーやバイオネーターなどの装置を使用する矯正治療に移行)。理由は装置の特質上、完全な適応症例が少ないことです。

床矯正で顎を広げておくと、その後のワイヤー矯正で歯が並びやすいという利点はありましたが、期間が長くなってしまうなど、いくつか欠点がありました。

もう一つの理由として、お子様が装置が気になって、自分で外してしまうということがありました。いくらお母さんがチェックしていても10時間から12時間はめている方は少ないというのが実情でした。

確かに、慣れるまでは少し気になりますし、治療中は不自由さがあるかもしれません。外してしまった方が楽なのは当然ですよね。

しかし、目先は楽になるかも知れませんが、それではお子様の健康や将来にとって良いことはなにもありません。

「せっかく2年間も治療をしたのに、全然改善しなかった・・・」という状態になっては、お母さんにも、お子様にも更に大きな負担になってしまいますよね。

今の段階でしっかりと改善していた方が、お子様が大きくなったときに、「小さいうちに矯正治療をしてくれて良かった!」と感謝してくれるはずです。

お子様の将来を本気で守るための「顎顔面矯正」

当院では、お子様の患者様が非常に多くご来院されます。そして、歯並びを早くから改善した方が良いケースは非常に多いのです。

今まで以上に多くの患者様の健康に貢献したい、そして更にレベルの高い、確実に歯並びが改善できる矯正治療を導入したいという想いで、「顎顔面矯正」を導入することとなりました。

顎顔面矯正とは・・・院長吉田健が本気で薦める矯正治療の一つです

顎顔面矯正と床矯正で最も大きな違いは、歯を診る床矯正と顔全体を診る顎顔面矯正です。

床矯正は歯を傾斜移動をさせる治療なのですが、顎顔面矯正は歯だけでなく、お子様の成長に合わせて顎の骨から健全な状態に誘導します。

この右図を見てください。上顎骨の方が早く成長が終わっていくのです。それは、人間の大事な機能である脳を守るためです。そして、下顎の骨は一旦成長が止まってから、10歳以降にまた成長します。

この成長の時期に合わせて顎骨を拡大するのです。

もう一つ、顎顔面矯正は、早く成長の終わっていく上あご骨を早めに拡大して(床矯正はほとんど下から)、そこに下あご骨の整直を図ります。

発育の方向性をより確認します。
そして、顎骨から改善するために変化が大きいのです。変化が大きければ、治療もスムーズに進み、かつ後戻りも少なくすみます。

そのような理由から、「確実」な矯正治療として自信を持ってお伝えしています。

また、顎顔面矯正は固定式なため、自分では取り外しはできません。床矯正に比べるとやや不便さはあるかもしれませんが、その分確実に治療が進み、小さい頃の治療で健全な歯並びを実現できるのです。

下の写真は、主な顎顔面矯正に使用する装置の一部です。

もう少し詳しく顎顔面矯正をご紹介すると・・・

不正咬合の原因〜分析〜
私は、通常の一般歯科の治療でも『細かい分析による診断』を行うことを重要視しています。確実な診断を行うために1ヶ月以上を費やすこともあります。

確実で安全な治療、目先だけで無く10年、20年後までの健康を考えると、診断が非常に重要だという考えからです。

そして、顎顔面矯正でもこの診断が重要なのです。表面的なことだけでなく、歯並びの悪くなった原因を探り、分析し、通常の発育に戻す事を顎顔面矯正では考えています。

お電話でのご予約はこちら メールでのご相談はこちら