横浜市 港南区 小児歯科

そのような疑問を持たれている妊婦さんは多いのではないでしょうか?

しかし、多くの歯科医院では『マタニティ歯科』という科目を掲げている医院は少ないですし、安心して任せられる歯科医院を探すのが難しいという声が良く聞かれます。

ところで、なぜ妊婦さんは歯に気をつけなくてはいけないのでしょう?母子手帳にも「妊娠中・産後の歯の状態」というページがありますが、その理由をご存知の方は少ないようです。

妊婦さんはとてもデリケートです。妊娠すると、心が今までよりも不安定だったり、体調も狂いがちだったりと、いつもと違った変化が起こりますよね。

実は、お口の中も、いつもと違う変化が起こるのです。例えば、下記のような変化があります。

妊娠中には、つわりによって一度に多くの量を食べることができないために、小分けして食事をすることが多いようです。すると、唾液の影響でむし歯になりやすいのです。また、酸っぱい食べ物を多くたべると口の中が酸性になりがちです。元々妊娠中には口の中が酸性になりやすいのですが、酸性になるとむし歯の原因菌を退治しにくくなります。これらの影響から、妊婦さんはむし歯になりやすいのです。

妊娠中には、女性ホルモンが不均衡になるため歯ぐきの状態が悪くなります。また、つわりなどが起こったり、体調や精神、生活が不安定になってしまい、今までよりも歯磨きが不十分になってしまうことも歯茎の状態が悪くなる原因になります。これを防ぐには、正しい歯磨きの仕方と、歯石の除去が大切です。

妊娠中は歯の中で充血がおこることがあり、神経が圧迫されることによって、痛みを感じる場合があります。これは、妊娠5ヵ月頃までで自然に治ります。

腫瘍といっても、良性の物なので心配はないですが、知らないと驚きますよね。こちらも原因は歯肉炎と同じく女性ホルモンの働きによると言われています。無理に取り除く必要はないですが、必要に応じて外科処置が必要になる場合もあります。 少し例を挙げただけでも、これだけ普通の状態との違いがあります。 当院のマタニティでは、妊婦さん向けのブラッシング指導や、日頃のケアの方法まで丁寧にお伝えさせて頂いています。

しっかりと、お子様のお口を守るためには、歯磨きは一番重要です。

しかし、お母様が仕上げ磨きなどされるかと思うのですが、暴れたりしてなかなか磨けなかったりしませんか?
しかも、お母様が仕上げきが必要と考えています。
それくらい大事なことなのです。

マタニティ歯科って?

妊娠中の歯科治療で気をつけなくてはいけないこと

命の芽生えを知ったら

お電話でのご予約はこちら メールでのご相談はこちら