横浜市の痛くない歯科

痛みの苦手な方へ

歯科医院が嫌いな理由のNo.1は「痛い」ということです。
誰でもお痛みは嫌ですよね。

当院では、極力お痛みを軽減できるように、丁寧な治療はもちろん、様々なこだわりを持って診療しております。

歯の治療というのは、どうしてもお痛みが出てしまいます。そこで、少しでも痛くないように針を使わない麻酔の表面麻酔を行ない、痛みの軽減に努めています。

また、痛みを抑えるための麻酔注射も怖いですよね。そんな方の為に、お痛みが少なく麻酔が可能な『電動注射器』を使用いたします。

また、極力お痛みが出ないように、麻酔には極細の針を使用しています。

お痛みが苦手な方は、問診票や初診時のカウンセリングで「痛いのが苦手」とお伝え下さい。

歯科医院に行くときには、それこそ『清水の舞台から飛び降りる』くらいの決意をもってご来院される方もいらっしゃいます。

当院では、そんな患者さまにも安心して治療をお受けいただけるようにカウンセリングを実施しております。

初診時のカウンセリングで、お悩みや、歯科治療に対するご希望、ご要望などをお聞かせください。また、もし以前に通っていた歯科医院で不快な思いをされておりましたら、そのことも遠慮なくお伝え下さい。

患者さまの恐怖心をなるべく取り除き、安心して治療を受けて頂くことで、健康なお口を実現したいと思っています。

痛みを伴う可能性のある治療の際には、麻酔を使用します。

麻酔時のお痛みを極力減らすために、細い針、電動麻酔、表面麻酔と種々な方法で軽減を図ります

ただし、お痛みが強く、『昨日から寝れなかった』『ちょっと噛むだけでも痛い』『とっても腫れて顔が変だ』などの炎症が強い時には、麻酔が効きにくく、追加の麻酔が必要になります。

その際も、なるべくお痛みがでないように対処いたします。場合によっては治療ができない時もありますが、その都度適切な処置・判断をさせていただきます。
* 内科で点滴をする場合もあります(当院は医科診療連携を行なっています)

歯科治療では、残念ながら、どんなに腕の良い歯科医師が治療をしたとしてもお痛みが発生することがあります。

症例によって、完全な無痛治療というのは不可能な場合がありますし、丁寧に治療をすればするほどお痛みが出る場合もあります。痛みが出ないからといって、腕の良い歯科医師というわけではないのです。

例えば、むし歯を削ったり、神経の治療のあとにお痛みが出る場合があります。

むし歯は徹底して削ってとらなければなりません。その際には神経にまで近づきます。ですので、仮のふたや詰め物が入るまではしみてしまうのです。

詰め物が入ってからは、個人差がありますが第二象牙質と呼ばれるものができてきますので緩やかにしみるのが取れていきます。

また、神経の治療後は炎症性物質を取り除いたあとの鈍痛があります。痛みを軽減できるよう、十分な時間をとって治療を行います。

このような全ての治療に際してのお痛みを考慮し、最大限患者さまの負担が減るような処置にこだわって診療を行なっております。

お電話でのご予約はこちら メールでのご相談はこちら