WCUPS2016に参加 その1

横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
週末にかけて金曜日、月曜日に休診を頂きましてありがとうございます。
今週末は吉田歯科クリニックにとって一つの機会となっています。ドクター全員で海外の学会に参加させていただいています。今回は、私の認定医のプレゼンテーションと多くのフレンドシップのある海外の先生と触れる絶好の機会で二人に体感していただきたかったのです。もちろん重要な勉強も然りです。
今回の学会は、当院の低侵襲のインプラント治療の要であるピエゾデバイスを使った分野とconcentrated growth factorsを用いた治療結果などの分野で研鑽を積ませていただきました。欧米諸国ではPRFなど多くのやり方が出ていますが、当院ではCGFを応用して厚生省の認可を取っています。(参考文献36-40DENTAL INC. Sep/Oct 2009)
今後より吉田歯科クリニックでは負担の少ないインプラント治療を継続してまいります。

read comments

明日はAOでの発表です

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。2/17-2/20までアメリカのインプラントの学会 通称AOに参加させていただいています。数ある大きな学会でインプンラントに特化した学会です。今回は、昨年の秋に続き発表をさせていただきます。2/19の金曜お昼からですが、今から原稿の最終チェックです。。。短い時間ですが、出来る限りの事はしていきたいと思っています。
吉田歯科クリニックでは、しっかりと考えた治療を行うため、それをパブリックに認めてもらえることとして学会発表や症例発表を行っています。今回も、ICOIに続き、低侵襲のインプラント埋入についてです。できる限り高いレベルでの治療を保てるように精進してまいります。。。
本日は朝の7時半からこもりっきりでした(海外の学会は朝が本当に早い。。。)が、有意義な情報を多く得れましたのでこれも保険治療ではできませんが、本気の治療の中にしっかりと組み込んでいきます。

read comments

最近読んだ本で。。

横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 院長吉田です。立春が過ぎましたね。もうすぐあったかくなるといいのですが、巷ではインフルエンザが流行中で皆様くれぐれもお気をつけください。
吉田歯科クリニックでは、まだ詳細は言えないのですが、着々と大プロジェクトが進行中です。そのプロジェクトにはさらに多くの知識が必要でして。。
そこで参考に読ませていただいたのが、『白米が健康寿命を縮める 最新の医学研究でわかった口内細菌の恐怖 (光文社新書)』です。鶴見大学の花田先生がお書きになったのですが、Dental Caries(ヨーロッパの虫歯の教科書)にもあった糖質についてをこと細かく書いた良書です。白米信仰で、日本人には根面カリエスが多いことをデータを持って示していたり、はっきりと糖質は必要なく(江部先生も言っていましたね)糖質は虫歯の原因になりうることをきっぱりと言っていたことに嬉しくなっちゃいました。本気で虫歯予防するには、食生活のコントロールが非常に重要なのです。歯医者さんに来てフッ素を塗れば大丈夫、歯磨き毎日で大丈夫は嘘?なのです。虫歯予防には、お口の中の虫歯菌の数::
唾液の状態;食生活;フッ素;歯磨きetcと多岐にわたるリスク項目を一つづつ消していくしかないのです。
どっちのバランスが勝つかが、穴が開く分かれ道。

皆様も是非、虫歯予防には食生活の改善を入れてみてください。

read comments