ちょっとずつ変化してます

横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。五月もいよいよ残り三日と。。。今年も半分来ていますね。委員の工事もだいぶ進み、七月には概ね完成に近づきます。
増築工事のあかつきには、より精度と外科処置を伴う治療室とメディカルトリートメントモデルを進められる予防ルームとで他にはないしっかりとした歯科医療を推進してまいります。
その準備ではないのですが、五月は勉強月でした。。私はさておき、副院長はロマリンダ大学のジャパンコースにこれから数ヶ月、矢端先生は矯正の勉強会、四戸はSJCDの衛生士コースのスタートで、新人たちは接遇研修とYSCメンバーみんなが色々と学びの機会に出て行っています。そしてそれをシェアする六月のミーティングは楽しみです。インプットばかりでアウトプットしていかなければ身につかずかつ次に伝えていくことも難しいからです。少しでも良い医療の提供と心地よい空間作りを引き続き進めていきます。少しづつ変化するクリニックをよろしくお願いします。

read comments

当院初の歯周病学会認定衛生士誕生

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
ゴールデンウイークも終わり五月病なんてものはなく通常通りの診療を行わせていただきました。もちろんですが。
クリニックの工事がまだ継続中ですが、大きな音の出る工事は今月中には終わる予定です。工事中ご迷惑おかけいたしまして申し訳ありません。
週末には、当院歯科衛生士 二井愛子が日本歯周病学会認定衛生士合格発表と学会参加に福岡に行ってきました。早朝の飛行機で、朝早くのセッションに間に合い、合格発表をみて、シンポジウムを拝聴して戻ってきました。何よりも無事に、合格したことが嬉しかったですね。日本歯周病学会認定衛生士は神奈川では65名しかいないのです。今回学会の発表では2名が神奈川県の方だったので66もしくは67番目という名誉ある資格です。これによってより当院では歯周病へのアプローチを歯科医師のみならず歯科衛生士も大きく加わって進めることができます。そして、当院の衛生士全体の底上げにもつながります。そして、次に繋がる後輩が出ることを楽しみにしていましょう=

このような認定医、専門医、指導医などというものは多くの学会で存在しますが、どれも取得するには多くの症例経験と試験の合格とハードルが高く存在します。私もICOI(国際インプラント学会)での指導医取得をアメリカでできるようこっそりと勉強しています。一番は英語でのディスカッションが。。。。
とんぼ返りの後は、新人歓迎会と送別会とを港南台駅のジンボリーノさんで楽しませていただきました。

read comments