歯周病の模式図

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。

今年もあと一ヶ月半になりました。皆様今年はいかがでしたか?クリニックは年の瀬になるとお約束がかなり詰まってきますのでぜひ早めのお約束とメインテナンスをお待ちしています。

クリニックでは、年の瀬は関係なく、日々診療のアップグレードに模索しております。本日の夜も、PHIJで学んだ最新の歯周病の概念のインプットとアウトプットです。もう一度歯周病の病因論を歯科医師、歯科衛生士で理解することでリスク評価の統一、見解を図ります。

みなさんには、歯周病は細菌で起こるとお話しはしていますが、細菌が原因だけではないのです。それがどのくらいの割合か、そのほかに起こる問題が、歯周病を増悪させるのかを改めて確認しました。

虫歯も歯周病も大きく言えば、慢性型の炎症です。原因は一つではないので、リスク 危険因子を地道に取り除かなくてはいけません。ぜひこれからもしっかりとメインテナンスとともにリスクの排除に進んで行きましょう。

Comments are closed.