自己免疫疾患

こんばんは。歯科衛生士の二井です。
衛生士の行なっている”歯周病の基本検査”(歯ぐきの検査)に関しては
こちらご覧ください。

自分の身体から、異物を排除しようと、防御する機能があります。

    自分を守る本来の身体を守っている機能ですが…
    何か異物があると、排除しようという働きから、
    数が増えたり、過剰な攻撃をしてしまい、
    自分の細胞、組織まで壊してしまうのです。

    まさに歯周病もだと思いました。

    血液中の白血球が歯周病の菌を食べてくれます。
    ですがその後に”酵素”を出します。
    滲出液の中の好中球が、歯周病菌と戦うと
    スーパーオキシドや、過酸化水素を出しています。

    その物質が、歯ぐきの上皮細胞を壊してしまうのです。
    歯肉を炎症させてる原因です。

    歯周病菌のエネルギーが、「歯肉溝浸出液」です(体液の一種。)

    常に歯茎の溝の中にはこの液で満たされ、外から細菌が入りこんで来た場合
    この「歯肉溝浸出液」がたくさん滲み出て、細菌を溝の外に押し出す働きもあります。

    常に一定量湧き出ている量→健康な場合の滲出液は1時間に3μl

    炎症が起きると…歯肉炎では20μl、歯周炎では44μl流出。
    じくじくとでてきますが、これは細菌と戦ってるからこそ
    身体が出してる防御機能なのです。

歯周病メカニズム

DHラーンングサロン第二部¨歯周病発生のメカニズム¨
(簡単な言葉でまとめます。)
ソファー
このおしゃれソファーの後ろは、実はホワイトボードの壁なんです。

今回は「生態の防御機能」
「炎症が起きる過程」
歯肉炎、歯周病では炎症が起きます。
歯肉炎を軽視してはいけないです。
歯肉でも治すの大変Σ( ̄□ ̄;)

同じように中等度の歯周病は、「悪い所を磨けてるかが勝負」

歯肉炎も歯周病も、
自らが¨やる気¨を出さないと勝てない病気デス。

¨なんで炎症が起きるの?¨

*異物が入ってくる。
(汚れ、菌を異物としてとらえます。)

*血管に隙間ができ、その隙間から白血球、滲出液がでてくる。

*もともといたものが、座ってるポジションを白血球に受け渡しをする。

*コラーゲン繊維を作る繊維芽細胞が減る。

*白血球が増える。細菌をやっつける環境作りとして、側に血管ができる(血管が増えるらしい)

*好中球が増える

*白血球は異物をパックンする。その後分解酵素を吐き出す。→炎症の原因 

*コラーゲンを作る細胞が減り、コラーゲンが減るのでプニョプニョになる。

*炎症でハイドロキシアパタイトが溶ける。
(骨は¨ハイドロキシアパタイト¨でできてます。)

↓こんな雰囲気で勉強してますよ〜。↓

勉強中

DHラーニングサロン

こんばんは~歯科衛生士二井デス。

第一回
「歯科衛生士 ラーニングサロン」開催しました〜ヘ(゚∀゚*)ノ

1、聴いて
2、考えて
3、対話して
4、気づく

聴いて、座ってる講習会ではなく、受け身ではない。
自分もその場を作る。

参加メンバーは¨学ぶ¨事に意欲的な方が集まりましたo(^▽^)o

意見が飛び交うというのは難しいので、
話しやすい雰囲気の場作り。
意見が活発に出る学びの場は、一人、一人から作るものなので自ら行動できる意欲的な人にお声かけて集まりました〜。

空間作りは物だけでなく、人が重要なんです。

まず¨場所選び¨から。。
お部屋。

この空間。
使われる第1位は、なんと「勉強会」

2位は、「撮影」
だそうです。

10人くらいしか入れないので、少人数で勉強会。

2人Doctorもいて、内容の濃い¨学びの場¨となりました。

今回のテーマは??
*衛生士の仕事ってなんだろう?
*歯周病のメカニズム
*今、私が一番困ってる症例
全員の共通する問題点は?

こんな内容でした〜。

「知が巡る」新しい空間

こんにちは。歯科衛生士二井デス。
アメブロもよろしくお願い致します。
最近アメブロの方のリンク先で、
このブログから訪れて下さる方もいて大変嬉しいです♡
(‐^▽^‐)

7月に打ち合わせで、勉強会のスタイルについて話しました。
顔なじみなんですけど、新しく勉強会をもう一つ作りました。
企画段階から、なんだか興奮冷めやらぬ状態で、ワクワクだったんです。

”ラーニングバー”をイメージした勉強会デス。
これを提案した歯科衛生士の横田さん。やはり素敵な人です!
ラーニングバー
『知がめぐり、人が繋がる場のデザイン』

”空間作り”が大切で。。
優雅なひととき、ここにしかない雰囲気…

例えばこんな所で勉強会したらどうでしょうか??
洋館
↑コクリコ坂にも出てくる“カルチェラタン”異国風の建物。

「カルチェラタン」とは??
本来はパリの学生街で、哲学者のルソーなども眠る神殿の建物があったりします。
ノートルダム寺院などそういった街並みが学ぶ意欲を駆り立てたり、学生さんの語り合いが目に浮かびそうですよね。

古き良き異空間みたいな雰囲気が“新たな知”を創造する場になるのかも。。

テーマや内容は”歯周病について”を専門的に症例などを通して
ディスカッション!話し合うのです。

私は鎌倉が大好きなんでこの前”鶴岡八幡宮”に行くと
蓮が見頃でした。朝ではないのでほとんど花が閉じてしまってます。
蓮池です。
自分の大好きな空間に行くと、創造力かき立てられませんか?
いろいろ風景を見て歩いて感じる。
鎌倉

ラーニングバーを基に日本ならではだと思いますが
”お寺カフェ”があるそうです。
他にも“勉強カフェ”という題目であったり、ラーニングバーと同じ感じです。

講演会のガチガチな雰囲気の場を和ませるための
アイスブレイクしなくても”場が和む”のです。

例えば紅茶を飲みながら…
でも良いのです。

基調講演を専門家にしてもらって、その後2時間くらいは
みんなでテーマに沿って持ってきたものなどを発表したり、意見を交換する
コミュニケーションの場を作るのです。

衛生士ならではの話をテーマを決めてする。
意欲の高い衛生士さんが交流する場です。

パワースポット

こんばんは(●´∀`●)/
アメブロもよろしくお願いしまーす!!!

まだ続く三宅島
次回からは、勉強会~ラーニングサロン~を書きます

三宅島の仕事した後の楽しみがこれ♪
車で観光~(^O^)

先生の車(オープンカー)
車〜

今回は、
ともちん&NHK(TV関係)の木村さんも同行して4人で行きました~(^O^)。

コースは
展望台→長太郎池→大路池→昼ご飯(ココナッツガーデン)→三池港(フェリー乗場)

まずは”長太郎池”オーシャンビュー

岩で囲まれてるので、引き潮であれば岩のお陰で、沖に流されないので
子供達にとって天然のプール
長太郎池
さらに海に繋がり、この景色

子供ツアーも来てましたよ。
子ども達

そして森林浴
木村さん、ともちんが写真撮ってるのは¨椎の木¨。
椎の木
¨迷子椎¨と呼ばれるのですが、森に迷っても、この大きな木を目印に目指して歩けば道に出るため迷わないシンボルなんですね。

パワースポットをご紹介~

この前のブログでご紹介致しました。
カルデラ湖「大路池」
2500年前の噴火口という事で、2500年かけて再生した緑です。
「噴火口だった」と言われないとわからないですよね。

ここに来ると…
どの方角からも山の緑、静かでキレイな湖畔で鳥の鳴き声が心地よいのです
三宅島は野鳥でも有名で、めずらしい鳥が沢山います。

大路池だよ

ここのパワーですが、気功、ヨガをされる方などが訪れると
「桁違い」と言われる程パワーがあるそうです。

元々は、噴火口なので四方が山に囲まれており、そこだけ窪んでる。
パワーが集まっているのでしょうね。

ココからは写真で感じて下さい!!
大路池

破壊と再生

三宅島レポート続きます。

三宅島は2000年は、溶岩を出さない火山ガスの噴火で
ガスに含まれる二酸化硫黄によって、木が枯れてます。
枯れてる木
また二酸化硫黄が雨や霧に触れると、亜硫酸(強酸性)の液体になり(”酸性雨”です。)
家電等の機械も壊れてしまうそうです。
ガス
↑雲でなく、ガスです。

今回も展望台に連れて行って頂きました。
山の行ける所まで登りました。
こちら冬の同じ場所の景色。

枯れ木2

今年の夏(8ヶ月ぶりに訪れました)なんと草が!!
枯れた草や木々が溶岩の上に土を作り、その土から草や低木の木が生える。
緑の再生
破壊→再生そして小さな植物の誕生、

地球の歴史もこれをくり返してるのですよね。

緑2

2000年の噴火で、”カルデラ”ができたのはご存知ですか?
雄山の火口付近に窪地ができ池のように水が溜まってるのです。
2500年ぶりのカルデラ形成という事です。

明日は、2500年前のカルデラ”大路池”をご案内します。
スゴく神秘的です。そして2500年かけた緑の再生をご覧ください。

大路池