YSCの研鑽目標と拡張工事の目的

こんにちは、横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。四月も終わりにさしかかり、GWも差し迫った週末です。私はというと、ほぼ週末は研修で留守にさせていただいています。お約束の取れない中大変申し訳ありません。

今年 吉田歯科クリニックが力を入れているのは、歯周病へのアプローチの見直し、スマイルキッズを基にした虫歯予防への見直し、インプラント治療、顎顔面矯正、メタルフリー治療、義歯へのアプローチです。

全てを私一人で研鑽することは不可能に近い状況です。その中で、できること、みんなの力を借りてできることをふるい分けさせていただき、クリニックの質の向上に努めています。

□歯周病へのアプローチ、将来への予防歯科への道標を、衛生士の中山と五月から
□スマイルキッズを含めた虫歯予防に関しては、衛生士濱田、菊池が中心に食育や噛み合わせにもつなげていきます
□顎顔面矯正は、継続して副院長の佐々木がアップデートを
□メタルフリーの代名詞である、セラミック治療に関しては、当院のセレックシステムのインストラクター資格を私が夏に取得しにいきます  
□義歯、入れ歯は顎咬合学会、河原先生を通じてこれからの医療へ向けて準備をしていきます

さて、現在 クリニックでは拡張工事が進んでいます。大きな工事はGWに行うことになりますが、今回の工事のメインは、予防診療室の拡張、外科治療や精密治療への診療室の拡張の二点です。

皆様の予防への意識が高まり、アポイントが取りにくくなっています。50分のチェック時間、治療時間では一日でできる数が限られてしまいます。しっかりと治療が終わるほど、定期チェックが必要になるので自ずと人数は増えて、健康なお口の方へのよりしっかりとしたアプローチへの準備です。

夏には全てが完了します。皆様のご期待にこたえれるよう、メンバー一同精進いたします。

read comments

メディカルトリートメントモデルを拝聴して

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。今週の土日、まだ土曜日ですが、都内で今年度、中山と参加する勉強会の総会に参加させていただきました。NHKのプロフェッショナルの流儀にも出た、国内で歯科医師が知ってないとモグリと言われるくらい有名な熊谷先生の立ち上げた研修会です。(熊谷先生の詳細は以下へ)http://www.nhk.or.jp/professional/2014/1027/

PHIJと言う勉強会ですが、メディカルトリートメントモデルを推奨、というかそれができないと治療に入らないという、海外では当たり前なのですが、本質をついた研修会です。吉田歯科クリニックも開院して10年が経ち予防歯科という概念は少しずつ浸透してきたものの、本来の予防歯科あるべきことはもっと精密です。ブログに書けるほど簡単ではないのですが、メンターの木原先生が話していることも当てはまります。

診査診断の後、なぜ問題が起こったか、なぜ虫歯になったかを来院者と共に深く掘り下げ、診断のもとに治療とメインテナンスを決定する。スマイルキッズはそれにかなり近いです。。。。。保険でできることとできないことがあって、参加者が少ないですが、間違ってないです。当院の衛生士さんたちが編み出し、みんなで考えた新スマイルキッズは良い方向です。もっと私自身がコミットして伝えていかねばならないことに、、、、頑張ります

read comments

新メンバー登場

おはようございます。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
桜もいよいよの時期になってきました。自宅近くの大岡川も蕾が。。。

2017年の吉田歯科クリニックは新たに4名のメンバーを迎えました。4名とも素晴らしい志を持ったメンバーです。歯科医師の桜田恭兵、歯科衛生士の内田聖奈、スマイルクリエーター歯科技工士の玉井莉緒、スマイルクリエーター管理栄養士の渡瀬あゆ美です。当院は地域密着を目指し総合的に予防歯科治療提案、健康管理を医院理念にあげています。この四人のメンバーはこれらを一緒に創造するにふさわしいメンバーです。ここ数ヶ月はトレーニング期間で段取りを覚えていきますが、来年の今頃は、スーパースマイル教室、予防と顎顔面矯正、全身管理と歯周病予防、食生活と虫歯の関係、、、考えるとキリがないくらいワクワクします。

いつもお約束をお守りいただく来院者の皆さま、地域の皆さま 引き続き吉田歯科クリニックをお願いいたします。

read comments

卒業

こんにちは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。昨日、6年勤務してくださった歯科衛生士の伊東が卒業しました。吉田歯科クリニックでは『退職』でなく『卒業』をよく使います。職を退くわけでなく、また別の地でのスタートもありますし、ステップアップされるメンバーもいますし、引き続き歯科業界に携わるからです。6年間は本当にあっという間で、新卒からトレーニング期を乗り越えしっかりと多くの来院者に対応できるスキルを持って送り出せます。送り出す方は、本当に寂しいですが、縁をつなぎ、また会えることを楽しみにしています。

送別会の翌日は、お酒に負けず、矢端、菊池、四戸、高橋は都内へ勉強会へ。佐々木も顎顔面矯正のアップデートと日々は続きます。

read comments

AOミーティングと発表完了

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。今年最初の目標であったAOミーティングが終了しました。今年はオーランドでの開催でした。あったかく、花粉症もないと踏んでいたのですが、寒くて花粉にやられてしまいました。。。

さて、今回のAOミーティングでは『経過症例を見ていく』がメインポジウムでありました。大御所の先生方の何十年前の症例を経過を追って提示されたのですが、医療として変化がない状況がないことを改めて実感しました。現在、クリニックを改床、増床にあたり色々と見ているのですが、10年も経った今色々と劣化がありますし、メインテナンスを行わないと壊れたり、修理が必要だったりしています。過酷な口腔内でかつ、生体から異物である人工物が永久なわけがないですよね。奥が深いです。。。。さらに今回は、アメリカで勉強されてきた多くの日本の先生ともお話をする機会がありました。専門的に勉強されているだけあり日頃疑問に思っていたことも解決でき有意義なミーティングでした。

read comments

症例の変化。クリニックの変化。

アメリカのAO学会に来ています。Academy of Osseointegrationです。簡単に言うとインプラントに関する学会です。ここ数年ずっと参加させていただいているのですが、規模と演者の先生や、リサーチなど毎回新たな発見を持ち帰らせていただいています。若い日本の先生がこちらで活躍するのを見たりお話しさせていただくと刺激と国内のルールの中でどこまで治療が提供できるのかジレンマに陥ったりもします。

初日は、30年経過症例などのお話からスタート。人の体の変化に驚き、どんなに当時ベストでできたことも変化していく事実にオペレーターも受ける側も認識して、アフターフォローやリカバリーが必要なことをオペ前に確認すべきと改めて感じました。もちろんインプラントだけでなく、クラウンや義歯も変化していきます。

変化に関しては、すでにメンバーのブログにも記載があったように吉田歯科クリニックも変化の時期を迎えています。衛生士の伊東が一旦卒業をします。入社して6年、同期の濱田とクリニックを支えてくれました。

多くのお子さんの味方で、彼女の笑顔で何人のお子さんが治療やメインテナンスを嫌がらず来てくださったことか。虫歯は減らし、お子様のお母様にメインテナンスの大事さを多く伝えてくださいました。もちろんお子様だけでなく、歯周病やインプラントのフォロー、後輩の育成と多くに尽力してくださいました。あっという間に時間は過ぎていきますね。多くの足跡を残し、今度は更に素敵な女性として、母親として、歯科衛生士として。。。。

時間はあくまでも見える過去のものかもしれません。時はどんどん過ぎていきます。この出会いや縁を大事に吉田歯科クリニックは進んでまいります。どうぞよろしくお願いします。

read comments

いよいよ未来型予防歯科医院YSC稼働です

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。花粉症が満開な今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?・?・

隣の内科で、お薬もらわずして目のかゆみが止まらない状況な私ですが、、、、

AOへのカウントダウンが進んで、最終原稿を週末にチェックです。当院ではインプラントに関しての見解は良好ですが、あくまでも治療の手段の一つにすぎません。全体を見て、診査診断、お体のコントロール、将来へのメインテナンス等を検討させていただいてから提案させていただいています。

提案で思いました。いよいよ吉田歯科クリニックでも未来型予防歯科クリニックへの
工事が始まりました。昨年の秋から構想に入り、打ち合わせを重ね、多くの提案とアドバイスをいただきました。10年前にクリニックの設計をいただいた設計士さんから引き継いだことは本当に嬉しい限りです。
クリニックを増築するのも、お口の治療をするのも似ています。何度も設計を重ね、私の要望を聞いてくださり、一緒にゴール地点と費用を決定し、着工へ。

大きな問題を抱えていらっしゃるお口の中も、過去の履歴と、失った原因、設計図、ゴールの着地点。そっくりです。。。今回も当院をクリエイトしてくださった三井ホームさんにお願いしていますが、出来上がるまで毎週末オンブに抱っこです。夏のお盆明けまで、来院者の皆様にもご迷惑おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

read comments

AO meetingに今年もがっつり参加します

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。お雛様も終わり春が一歩ずつ近づいてきた感じです。みなさまいかがお過ごしですか?

吉田歯科クリニックでは、3月5日より いよいよ『健康と健口』『全身と健口』を捉えるべく、そしてより多くの皆様にその場限りでない歯科医療の提供へ向けて動き出します。

簡単に申しますと、診療室が広がり、技工室の増設、多くのインプラントメーカーとのコラボ、メンバーの増員と多くプロジェクトが進んでいきます。一つ一つきちんとした手順で、トレーニングを行い進んでいきますのでご安心くださいませ。毎日曜日に一部工事でご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いします。

私はというと、三月の中旬にAOに参加いたします。今年で三年連続の参加になりましたが、アメリカで一番大きなインプラントの学会に参加することで、国内の内容よりも臨床的で先に進んだ情報が入ってきます。国内の学会が悪いわけではないのですが、臨床的な海外の学会は、多くのヒントを与えてくれます。今回は、昨年に続きミニプロジェクターでの発表にトライします。時間としては短いのですが、ダイレクトでデスカッションをする醍醐味はなかなかのものです。今年のケースを終えた後は、来年に向けてYSCのインプラントケースの蓄積したデータを統計処理しようと考えています。

http://meetings.osseo.org

read comments

プレミアムなサンデーを楽しみます

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。昨日は、メディアで多く取り上げられているプレミアムフライデーでしたね。消費を増やす目的ということで実施されていく方向のようですが、、、3時に診療が終わるわけにもいかず、そもそも歯科医院の診療時間は、寿司屋でいう営業時間と一緒で(なんのこっちゃ)、診療後に治療計画を立てたりディスカッションをしたりの仕込みの時間が大事だったりするのです。診療後の時間が重要でして、、、、、3時に終わるのはアメリカ的な診療報酬がないと成り立たないかと。こんなぐちぐち言ってもですので。

さてさて、先日 新嘉坡に行ってきました。数日の弾丸研修でしたが、新たなというかヨーロッパでは普及しているbotiss社のバイオマテリアルに関する研修でした。インプラント、歯周組織再生、顎堤形成などに用いる材料です。当院では、採血からCGF,sticky boneを用いて骨増生を行っていますが、補助にもあたる良いものばかりでした。日本での認可が下りるまでは時間がかかりそうなのが残念です。

明日は、尊敬する後輩二人のインプラント研修です。すごく楽しみな日曜日です。

read comments

機器の故障をプラスに例えると。。。

こんにちは、横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
2017年、クリニックの10年を迎えるにあたっていろいろと故障や破損、劣化してきた器具が出てきました。その中でも、数年しか経っていないS社製のCTレントゲンの故障です。CTレントゲンは、ドイツクルマメーカーM社のSクラスが購入できるほどの価格です。(泣)
まだ数年ですが、壊れてしまいました。。。故障した際には、放射線は出ていませんでしたので問題はなかったのですが、僕らの仕事はレントゲンがないと、手探りの状態で治療を行うことになるのでものすごく多く歯を削ったり気づつけたりすることになるため、基本必要な検査なのです。それが急に故障でてんやわんや。。。
メインテナンスFeeを毎月支払っていたにもかかわらず、メインテナンスに来なかったS社にも問題がありますが、僕らもそれを事前に言わなかったことも反省です。(メインテナンスきてくださいの一言だったのに。。。)

お口の中も、数ヶ月に一度メインテナンスさせていただければ、危険のあるところは事前にお伝えもできますし、被せ物が取れても何かと対応できます。一番は、皆様本人が意識を持ってくださっているので環境よく保てます。
お口の中を機械と例えるのは変なのですが、お口の中は、唾液、水分、湿気、見えない細菌、噛み合わせのものすごい力など本当に劣悪な環境なのです。ぜひ、継続されている方は引き続き、されていない方はこれからメインテナンスを行ってくださいね。

read comments