2018年も宜しくお願いします

あけましておめでとうございます。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
2018年もいよいよ始まりました。毎年毎年、クリニックでは多くの取り組みを行って、変化を恐れず進んでまいりました。今年もクリニックではいくつかの変化が起こる予定です。

スマイルキッズではすでに取り組んでいる『唾液検査』を外部委託から、院内で完結できるように進めています。そもそも『唾液検査』が何に役に立つのかというのは、担当衛生士、院内のDVD含めアップしてまいります。虫歯予防に唾液の仕組みの理解は非常に重要ですのでご理解をしていただけるとありがたいです。

そして、従来以上のお口の検査を実施していく予定です。現在の、お口の写真、歯茎の検査以外に『唾液検査』『プラークコントロールレコード』などつ一項目が増えます。検査に結果に対してのリスク評価をしっかりお伝えすることを実施致します。
ホームページで書かせていただいたように、『本気での虫歯、歯周病予防』への実施です。

また、私としては、一月末から二月にかけてWorld Congress of Ultrasonic Piezoelectric Bone Surgeryにて講演を行う運びとなりましたので、現在の日本の状況を踏まえた上での術式発表や応用についてお話ししようと思っています。三月には、毎年アメリカで開催されるAOmeetingでは、ポスターを副院長とともに行っていこうと考えています。

さらに、外部からの講師も招聘してホワイトニングや知識とスキルのアップデートも行っていきます。

地域の皆様に向けての会も多く開催予定ですので、今年も変化する吉田歯科クリニックをどうぞ宜しくお願いします。

read comments

大晦日です

こんにちは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
New years Eve大晦日ですね。皆様、体調くすさずお過ごしでしょうか。私は、年明け早々に行うキックオフミーティングと海外講演の原稿作りとを時間を見ながら進めています。

2018年もうすぐそこです。年度始めに立てる目標を見ながら、2017年をも振り返りつつ達成できたことできなかったことを考えています。クリニックも11年目から12年、、そしてそれ以上を積み上げていくにはどうしたら良いのかをいつも考えています。

クリニック本体の歯科医療という点では、そもそも歯科治療を軽視している傾向がまだまだ払拭されません。歯科医師や歯科衛生士、歯科助手などアメリカと比べてなりたい職業ランキングに入ってきません。(https://paraft.jp/r000016000346 参考です、詳しくはUS Yahooを。)少しでも、きちんとできるように、全身からお口をみれるよう、医科・歯科連携とメディカルトリートメントモデルを実施。見せかけでない予防歯科を実践していきます。予防歯科を実践していくと、虫歯、歯周病、義歯の設計、インプラントの選択、メインテナンスの期間、食事指導とアプローチも保険診療だけではできない部分もたくさん出てきますが、それは皆様との相談の上、治療方針を決定していきたいと思います。

クリニックのハード面では、一部導入されていますが、タブレットを使ってのプレゼンテーション、院内での連携を図っていますが、それを徐々に強化していきます。もちろんクラウドでの管理や院内の管理をも強化して、今までは多くのメーカーに踊らされ数年毎の多額な(レクサス買えるくらいです)投資?借金かわからない部分を解消し、本当に必要な部分へ回していきたいと思っています。

何よりも大事なのが、家族とメンバーです。多くの歯科医院は、小規模企業です。。大きな医療法人として、サテライトを出す気が私にはありません。超地域密着型の歯科医院です。そのためには、賛同してくれるメンバーが必要です。また、歯科医院は女性の職場でもあります。長きに渡りメンバーとしていられる環境づくりも今後はより強化をしていきたいですね。今時でないですが、同じ正社員でも、色々なカテゴリーのある形も作っていければと考えています。

そして、歯科医療ですから、スキルや情報、知識とトレーニングは必須です。保険診療だけであれば、どこへもいく必要はありません。あえて断言します。大学卒業後、何も勉強していない歯科医師もいます。それで開業もして多くの患者さんを保険診療で診てもいます。あくまでも保険診療ですが。当院のように、目指す方向を考えていけばいくほどスキルアップは必要なので、希望するメンバーと来年も学んでいきます。

来年もどうぞよろしくお願いします

read comments

2017年を振り返って

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。寒さが厳しくなって来ました年の瀬ですが体調はいかがでしょうか?
クリニックでは、先日クリスマスの診療後にちょっとしたパーティーを行いました。クリスマスにこんなに集まることは今までになく、普段とはちょっと違った雰囲気でした。

さて、今年もいよいよあと少しですね。
今年は、年明け早々にカルテ棚の工事から始まり、増築の設計、施工、完成と秋まで工事の続いた慌ただしい年でもありました。また、みなさまは気づいたかもしれませんが、iPadを使用した院内のシステム構築、治療の説明、歯周組織検査などこれからのメディカルトリートメントモデルを行うにあたっての下地をも組み立てました。

メンバーでは、三月に衛生士伊東の卒業から始まり、新メンバーがここまで盛り立ててくれたことを感謝します。10周年を支えるにあたって、過去から今まで皆が本当にYSCに関わってくださった大事なメンバーです。本当にありがとうございます。

夏から秋にかけては、以前のメンバー含め三ヶ月連続結婚式には感無量でした。卒業しても呼んでいただけるなんて嬉しい以外何者でもありません。

今年一年を通じて、吉田歯科クリニックではハードの変化が大きい年でした。まだハードの大きさに自分たちが使われている感が否めませんが、来年はメディカルトリートメントモデルを軸とした。予防歯科+精密治療+総合治療を進めて参ります。

read comments

学会での招待をいただきました

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。今年もいよいよあと一ヶ月に迫って来ました。いかがお過ごしでしょうか?クリニックでは、年末に向けてお約束が詰まっていますので、早めのお約束もしくは、一回のお約束を大事にしてキリのいいところで終えれるようにしていきましょう‼️

来年早々、私はWCUPS in LA からインビテーションをいただき発表する機会を得ることができました。

今回は、普段のインプラント臨床とこれから取り入れようとするメディカルトリートメントモデルとの連携を見据えた話をさせていただこうかと考えております。一月後半から二月前半にかけて留守にいたしますがどうぞ宜しくお願いします。

read comments

原稿いつやる?

こんにちは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック吉田です。

朝からの雨もあがり、品川の研修室からうらやんでおります。本日は、ITIというインプラントのスタディグループの研修にきています。研修とはいっても認定医取得のための研修です。久しぶりに多くの先生に会うことができました。

インプラントは多くの認定医を標榜できるくらい学会が多岐にわたってきました。本当にどれがどれか?どんなことになってるのか、、、このあたりの話は、12/10のインプラント説明会で。

ミャンマーからの疲れもとれたのもつかの間、年末にケースをまとめなくては、年明けの英語での発表もまずいことに。。。

皆さま、気持ち良い祝日の午後をお過ごしください!

read comments

歯周病の模式図

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。

今年もあと一ヶ月半になりました。皆様今年はいかがでしたか?クリニックは年の瀬になるとお約束がかなり詰まってきますのでぜひ早めのお約束とメインテナンスをお待ちしています。

クリニックでは、年の瀬は関係なく、日々診療のアップグレードに模索しております。本日の夜も、PHIJで学んだ最新の歯周病の概念のインプットとアウトプットです。もう一度歯周病の病因論を歯科医師、歯科衛生士で理解することでリスク評価の統一、見解を図ります。

みなさんには、歯周病は細菌で起こるとお話しはしていますが、細菌が原因だけではないのです。それがどのくらいの割合か、そのほかに起こる問題が、歯周病を増悪させるのかを改めて確認しました。

虫歯も歯周病も大きく言えば、慢性型の炎症です。原因は一つではないので、リスク 危険因子を地道に取り除かなくてはいけません。ぜひこれからもしっかりとメインテナンスとともにリスクの排除に進んで行きましょう。

read comments

面倒なことをやらないと退化する?

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。今年も行って来ました、NCAの活動でミャンマーに。昨年に続き2回目の参加です。今年はYSCメンバーの石島と一緒に参加です。

NCAはNo Caries Associationの略で五年ほど前に大阪の黒飛先生が作った団体です。ミャンマーと親交の深いタナカさんとの縁で実現しました。今年NCAとしては5回目のミャンマーです。私は去年からですのでまだまだ右往左往。リーダーの先生のサポートにつかせていただきました。

ミャンマーでのボランティア活動は、ある意味日本での診療に余裕がないと、スタッフメンバーにも余力がないと大変なことになってしまいます。あくまでもボランティアは、自分に余裕が少しでもないとできないことと感じます。かと行って私たちに余裕があるわけではありません。そのような中、全国から多くのメンバーが自分の休みと給与を使っての参加、少しでもできることを探してでのサポートです。日本では虫歯の洪水の時期は過ぎましたが、新しい虫歯は保険治療の繰り返しの中と、メインテナンスの不足の中起きています。現在、我々の治療のうち70%は再治療なのです。

以前のブログにも書かせていただきましたが、国内の修復物FMCの耐用年数は平均で5年です。海外の耐用年数は9-10年です。この違いはなんでしょう???YSCではそれを理解しているのですが、なかなか浸透しないのが現実です。

ミャンマーの子供達は、本当に歯並びが綺麗なんです。虫歯はありますが、歯のアーチが綺麗で、虫歯のない子は教科書に出るくらいです。それだけ咀嚼回数の多い食事、噛まないと食べれないものがほとんどですが、どちらがいいのか、考えてしまいます。

現在の日本は、ここに戻れません。それどころかこれ以上に進化、AI化、動かなくて良い時代に、便利すぎる世の中に変わって行きます。車の運転などはとっても良い例です。何もしなくても動く、止まる。人の反射神経や動作は鈍る一方です。
お口に関してもです。噛まなくても、つぶさなくても、そのうち歯がなくても良いの?ではとも持ってしまいます。

少しでもめんどくさいことをし続けるのが大事と感じました。

read comments

入れ歯はフルオーダーメイドです

おはようございます!横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック吉田です。
毎週末、雨、台風と本当にイヤになります。先週は台風で福岡からの飛行機がギリギリ。昨日も揺れのなか着陸。怖いです。

さて、昨日、福岡歯科医師会館でわたくし、『前歯で噛める入れば研究会』で認定医を取得することができました。

数年前から取り組んでいる 義歯のスキルです。なかなか短時間でできるものではないので、お昼休みを診療させていただいたり、夜の時間をあててすすめていました。全てのかたに提供したいところですが、入れ歯の製作はオーダーメイドなため月に5人できればのような状況です。
本当の入れ歯作成には実は数多くのステップがあるのです。健康保険は、ファミレスのセットメニューみたいな形です!

少しでも皆様のちからになれるようスピードあげていきます!

read comments

YSCでの就職お待ちしています

こんばんは 横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。

先日は、福岡からの研修の帰りが台風とバッティングしてドキドキのフライトでした。今週も台風接近で毎週憂鬱になりますね。子供の大事な運動会も延期になり残念な週でした。。。

しかし、マイナス発言はいいことを生み出しません。やはり何かを生み出すには、日々プラスの発言に即行動ですね。今日は、何と言ってもドラフト会議がありました。野球に興味のない方にはどうでも良いことなのでしょうが、野球に興味がある方には楽しい日です。プロ野球では、ドラフト会議で就職先が決まります。プロ野球という職業にはなれますが、就職先はくじ運、もしくは会社からのスカウトのみ。ある意味特殊です。

吉田歯科クリニックでは、正直、勤務してくれるスタッフメンバーをドラフト会議にかけるほど余裕はありません。しかし、来てくださったメンバーには『縁』を通じて、家族のように大事に優しく ときには かなり厳しく接しています。勤務し始めた最初は厳しいですが、しっかりとそして成長できる環境のもと 一軍になる‼︎という完全育成方式です。

プロ野球でいう実力を持ったFA選手というカテゴリーはなかなか、、、しかし現在は、さらなるクリニックとメンバーの成長も含めFA選手も募集中です。歯科医師のFA選手はかなり出来上がっていまして、今までの環境に大きく左右されますので現在はよーくお話しさせていただいた方のみ募集です。

ドラフト会議の話になっていましたが、現在 吉田歯科クリニックでは新卒、既卒問わず 歯科衛生士さんと歯科助手さん(YSCではスマイルクリエーター)を募集しています。ぜひブログも、Facebookも見てみてください。

read comments

Advance mucogingival esthetic surgeryの修練に行ってきました

横浜市港南区港南台にある 吉田歯科クリニック 吉田です。

今週は、一週間の時間をいただきAdvance mucogingival esthetic surgery 簡単にいうと歯肉の歯冠側移動術Coronally Advance Flapの術式や結合組織移植 遊離歯肉移植 など歯茎に関することを学びに行ってまいりました。今回参加させていただいたZucchelli先生はイタリアのみならず、全世界で今は歯茎に関することのトップを生方です。クリニックにも50000円以上もする教科書を購入させていただき大事に学ばせていただいていました。(今回もめちゃくちゃ重い中持参しておもて表紙にコメントをいただきました‼︎)

さてさて、今回は、お口の全体の治療の話ではなく、かなり局所的な部分に当たることです。歯茎が落ちて滲みる、歯茎が落ちて虫歯になった、歯茎が落ちて歯が長く見える などのことに対してのアプローチを学びに行きました。歯周病の治療の一環ですね。ので、英語では、Advance mucogingival esthetic surgeryというジャンルにあたります。

写真でいうと赤丸の部分です。細かいところですが、滲みる、レジンで詰めたところの劣化や、その下に起きる虫歯に対しての処置にも有効です。
かなり、診断がシビアでできる範囲が限られていますが、早めの対策で今後の状態をキープできるかと思います。

また、多くの各国の歯科医師と話すことによって、より今の恵まれている環境と吉田歯科クリニックで提供できる歯科医療の範囲に気付かされます。

本当はもっと説明と治療に時間をかけてみたいです。。。。。。

read comments