いつもの生活をしましょう

こんばんは。吉田歯科クリニック 吉田です。三月もいよいよラストになってきました。震災の影響で、桜の咲きそうな時期も忘れそうなくらいです。
先日の日曜日に大阪に日帰りでセミナーに行ってきました。大阪ではネオンが多く、関東に戻ると一段と暗さが気持ちを沈めます。そうはいっても、このまま沈んでは復興はないですね。私たちがいつもと同じ生活をすることで消費が進んだり、物が作られたりと世の中が進むと考えます。もちろん節電は重要ですね。
3/28には歯科衛生士さんの国家試験合格発表がありました。嬉しいことに、4月より入社予定の衛生士さんは共に合格です。これからの活躍に期待しています。

read comments

矯正診療日

こんばんは。吉田歯科クリニック 吉田です。土曜日は矯正の診療日でした。一般診療も行っていますが、矯正の来院者さんがメインです。歯列矯正は予防歯科の大事なオプションです。やはり、歯並びが悪いとかぶせた物もまたムシ歯になりますし、なにより自分がお掃除できないんです。子供のうちからきれいな歯並びをつくってすてきな笑顔を作りましょう。
日曜日は日帰りで大阪のセミナーに参加してきます。春休みで本当ならば新幹線もいっぱいと予想されますが、このタイミングでは。。。ちなみに、ニューヨークからの帰りの飛行機は、本当にガラガラでした。。。

read comments

できること

こんばんは。吉田歯科クリニック 吉田です。じわじわと地震の影響が出始めていますね。停電が一番の影響でしょうか?しかし、本当に 我々にできることは節電と義援金、寄付金くらいでしょうか。夜のニュースで、小さな赤ちゃんが泣いているのを見ると胸が痛くなります。
みんなでできることをコツコツとやっていきましょう。

read comments

NYUから帰国

こんばんは。吉田歯科クリニック 吉田です。ニューヨークから帰ってきました。今回は四年ぶりの海外研修でした。前回はボストンでの学会でしたが、今回はNYUでインプラントに特化した会だったのでより焦点をしぼって集中して聴くことができました。やはり、数年世界は先をいってます。日本人よりも韓国、タイ、中国などが目立ちます。もちろん、ヨーロッパもおおいですが、南米やスペインなどもおおいですね。やはり、内向き思考なんですかね!?日本人。
インプラントの材料や考え方はあっという間に進化していき、患者さんの負担も少なくなってきています。そのような材料や考えが日本でも進められるといいと思いますができるところで。。。
最終日には、通訳をしてNYU勤務の日本人歯科医師と偶然であった大学の後輩の三人で夕飯と打ち上げ会をしました。四月に向けて新たにコミットメントを、そしてGW明けからは新たに、問診、治療計画、診査診断を強化し日本の治療制度に一石を投じてみたいと思います。。。

read comments

NYにて

こんにちは。吉田歯科クリニック 吉田です。家族そろって風邪を引いた中でNYにいること、スタッフメンバーが頑張っていることに感謝します。NYの講義前に必ず講義の先生が我々日本人にたいして祈りを捧げてくれることに感謝です。
今回 200人ほどいる中で日本人は20人と少ない感じですが、みなで日本を心配しながら講義を聴いています。NYでは日本より寒いのですが、なぜかカフェの外にテーブルがあったり、半袖の方がいたりで感覚がずれてしまいます。感覚と言えば、インプラントの手術も感覚による物もありましたが、今回のチェアマンであるWaug先生のいっていた言葉が響きます。『すべての治療を説明できることがDrでありサイエンティストだ』と。。。四月からは新たな変化とメンバーが加わります。そのためにはより細かい見直しとよりクオリティある診療を心がけていきます。
このまま大変な状況ではありますが、我々にできることは、思いを持って診療と予防を伝えること、節電、わずかながらの募金。こつこつとはじめていきます。

read comments

Pray For Nippon

こんばんは。吉田歯科クリニック 吉田です。日本は余震でゆれているようです。こんな時期に申し訳ありません。診療時間んも計画停電に伴い流動的に、今週は18時までにさせていただいています。
こんなときに海外での研修もままならないですが、こんなときにいかせてもらった家族とスタッフに感謝です。それいがい見当たりません。ニューヨークのニュースではFukushima Daiichiがトップに出ています。
今日の研修ではTeam Atlantaの先生がメインで講演されていました。以前JIADSでお世話になった先生の話とかぶります。改めて、数年前のスタンスと今の治療スタンスの違いとスピードに驚きます。正直、保険制度と厚労省の制限が世界では当たり前が、5年ものギャップを作っています。。。明日は、AOの会長であるDr.Wanの講演です。それこそ最新のトピックスが聞けるのか楽しみです。

read comments

NewYorkにて

吉田歯科クリニック 吉田です。
今回の地震は今いるニューヨークでもずっと放送しています。ハワイや東海岸で亡くなった方がいて驚きを隠せません。自宅も大揺れで残した家族やスタッフメンバーも気になりますが、何度か勉強会で一緒になった東北の先生方がも気がかりです。このまま余震が収まってくれるといいのですが。
明日からはNYU(NewYork University College of Dentistry)で一週間頑張ります。
家族やスタッフメンバーに感謝します

read comments

今週は

おはようございます。吉田歯科クリニック 吉田です。
みなさん地震は大丈夫でしたか?地震で帰れなくなったその足で来院された皆様に感謝します。また、被災にあった方々の一刻も早い復興をお祈りいたします。
今週は一週間 ニューヨーク大学 でインプラントの勉強に行ってきます。朝から夕方までの実践と講義です。最新の海外でのトピックスを自分なりに吸収してきます。それを日々の診療に落とし込める様いたしますのでよろしくおねがいします。

read comments

金属のことをもっとしりたーい

こんばんは。吉田歯科クリニック 吉田です。花粉症がピークで大変な時期を過ごしています。ダイエットにおなかが空いてるところに鼻水、くしゃみで目が回ってしまいます。
今日はちょっと時間があって近くの本屋に行ってきました。いつもはアマゾンさんなんですが、本屋で立ち読みしながら選ぶのは楽しいですね。そのなかで、面白いマニアックな本を見つけました。『元素の図鑑』なんです。
歯科では金属を多く扱っています。健康保険では決まった金属 パラジウム があります。歯科理工学で金属の勉強はしていましたが、改めて見てみると一般工業などからの視点で面白いです。パラジウムもなかなか捨てた物じゃないですね。しかーし、プラチナ、ゴールドから比べるとパラジウムはアクセサリーにはいいですが、体の中に入れることはかなり一般的には害な記され方です。プラチナ、ゴールドは耐性、適合性すべてにおいていい結果を出しますね。
さらに現在は、ジルコニアを使ったオールセラミックは注目を浴びています。クリニックでも症例(エンプレス、インセラムアルミナ、ジルコニア)が出ていますので、強度とプラークがつきにくく、お口の健康を考える方はぜひご相談ください。

read comments

三月のダイエット進捗/フッ化物について

こんばんは。三月に入りましたね。ひな祭りは皆さん楽しみましたか?我が家では、美味しいチラシ寿司、お吸い物、桜餅とひな人形と満喫しました。ひな祭りに乗じてスーパーでお肉を買って一緒に食べちゃいました。ダイエットの合間のお肉は大満足。さらに、前日には長男の幼稚園の送迎で『やせた』との一言で減量に勇気百倍アンパンマンです。勇気の花はないのですが、桃の花はクリニックにあります。
まじめな話で、本日はフッ化物のセミナーを外部から招聘をして院内で1時間半のセミナーを行いました。普段何気なく子供たちにフッ化物の塗布を行っていますが、欧米に比べ日本の普及率はまだまだ。DMFTの指数もまだまだです。驚いたのは、日本は先進国では砂糖の消費量が少ないにも関わらず、ムシ歯の発生率が二倍高いことです。フィンランドやスウェーデンは倍砂糖を使うのに、ムシ歯の数は1/2なんです。いろいろな要因があるにもこんなに違うなんて。。。フッ素がムシ歯予防になることで、お茶、お魚、大根などをとっても歯は強くなりません。フッ化物 NAFなどの化合物として歯のエナメル質に取り込むと歯が固くなります。エナメル質が強くなります。それも継続が大事です。月単位じゃなく年単位なんです。継続ですね。
クリニックでもお母さんたちに話すのですが、3歳、3−6歳、6−12歳、12−18歳と簡単な区切りがあります。それぞれ注意するポイントが違うのですが、そこに今後はあらたな予防グッズを取り入れていきたいと思います。

read comments