皆で継続!

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
先週のベルン大学での研修も終わり無事に!?帰国いたしました。最終日にパリでの乗り継ぎで天候不順のトラブルがあり帰国便に乗れず、八時間待って次の次の便に乗る事ができましたが、荷物はとどかず、、、トラブルは慣れっこですがあまり気持ちのいいものではありません。
さて、気持ちのいい事はというと、この6/24 日曜日に歯科医院が全国から多数集まって研修がありました。私は今回、不参加ですが、スタッフメンバーが一年を通じて参加しています。この研修では毎回互いに切磋琢磨し合った結果が公表されるのですが、なんと、なんと我がYSCは4位という過去にない好成績!!これにはホントに普段の診療の合間を縫って、夜も遅くまでミーティングを開いて良い医療の提供を考えた結果だと思っております。
全員がさらに良い歯科医療を提供できる様本当に努力しています。(身内でいうのもなんですが。。。)
今年も上半期が終わろうとしていますが、下半期に向けて更なるパワーアップが望めると感じています。ぜひ 期待していてください!

read comments

研修終了

こんばんは。横浜市港南区港南台にある 吉田歯科クリニック 吉田です。無事に研修が終わりました!終了証もいただきましたが、今回の収穫はたくさんの実際のオペの見学と根拠の元での手技の選択、材料の選択、インプラントの選択が確認できた事です。今までのことで十分間違いがなかったのですが、より細かいところに気をむけて精度をあげられる事です。十分、インプラントに関して世界に通用することが今のクリニックでもできる事がわかりました。
その他はというと。。。各国ごとに社会保険制度が違うので一概に何とも言えませんが、アメリカ圏よりはヨーロッパ圏の方が日本に近いのかと感じました。健康保険でのカバーや義歯も使用したりしているとの事でした。しかし、金属に関しては、健康面からみて、パラジウムを用いる事はかなり避けている様でした。
いろいろな違いを目の当たりにさせてもらい、最終日に予定していたユングフラウにも行く事ができました。ヨーロッパ最高地点での電車とハイキングに充実した研修を送らせていただきました。
臨床に行かす事が楽しみです

read comments

ベーシックにもアドバンスにも

横浜市港南区港南台にある 吉田歯科クリニック 吉田です。お約束のとれない中ご迷惑をおかけしています。
ベルンでの研修も大詰めを迎え、実習、講義、インプラントのオペの見学と盛りだくさんで佳境を迎えました。特に、教授以外のオペも見学できたのですが、皆さん正確で早い、それも実況中継しながらなので驚きです。正確に早くできる一つには、脇を固めるアシストワークが素晴らしいです。吉田歯科クリニックでもおおいに取り入れていきます。
また、サイナスリフトとオステオトームという上あごにインプラントを埋めるための事前な方法なのですが、歴史から細かな文献での提示、オペレートの成功率と重ねて説明いただき、NYUとの違いをぜひ確認しようと思っています。
今回はいままでの海外研修と大いに違うのは、実際のオペの見学が満載だった事です。トータルで6ケースも見れた事は非常に有意義な時間でした。将来は自分も見られていく立場としてより科学的根拠のもと『なぜここはこのような手技をしたのか』すべて伝えられるようにします。それが自分にも医院にも来院者の皆様にも、一緒に勧めるドクターのためにもなるかと思います。
明日は、一日もらった観光日でユングフラウに挑戦します

read comments

上あごへのインプラント

こんにちは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
こちらベルンは25℃を記録し暖かいお昼の時間です。午前中は、上あごへのインプラントの埋入の術式の確認と実際のオペの見学を行いました。吉田歯科クリニックでもおこなっている、サイナスリフトという術式です。これにはいくつかガイドラインがありまして、そのままインプラントができる方、一回待ってから行う方があります。ケースによって計画をたてて行うのですが、実際にいま行なっている事の確認と私のケースを見ていただいての評価をいただいたのでより自信が深まりました。
よく上あごにはインプラントができないと言われますが、現在のテクニックであればどこでも固まってしまうと考えます。インプラントの性状(インプラントがくっつきやすくなった)、道具も使いやすくなったなどもあります。やはり義歯で片方だけで噛み出すよりうもしっかりと噛めるインプラントは残った歯を守るいい方法だと確信します。
しかし、それには何度もお話させていただいているように、インプラントと噛む歯が大丈夫か。反対側の歯が大丈夫か。歯周病の治療は済んでいるのか。タバコはすわないのか。など基本的な条件を良くする事が成功への近道と言えそうです。
午後からはいろいろな国の方々とグループに分かれて実習します〜

read comments

インプラントは歯を守る上では重要

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
現在、スイスのベルン大学に来ています。CCDEというプログラムで、簡単にお伝えすると 骨を創るGBRと上顎洞にインプラントを埋入するSFEのコンビネーションのトレーニングです。ニューヨーク大学のスタンスとはちょいと違いますが、インプラントを患者さんのためにしっかりと成功させる事は一緒です。
ITIというおおきなスタディグループにも裏打ちされたインプラント学を習得しにきました。
正直、凄く新しいテクニックがあるわけではありませんが、ITIコンセプトにしっかりと沿って進むので、私に取ってはとても整理しやすく、スケジュールもニューヨーク大学と違い 優しいケース コンセプトから 難しいケース コンセプトへ移行する事が大変わかりやすかったです。これは、吉田歯科クリニックのDr.全体に落とし組むには非常に役に立ちました。
さらに、今回は通訳もなく日本人の参加者が私一人というのもとてもワクワクさせてくれます。さっそくイタリアのかたマレーシアの方、オランダの方と打ち解けインプラントの国によっての考え方、ラーニングステージの取り組み方、クリニックの内装や、それこそ吉田歯科クリニックに将来導入したいCBCTの話まで専門的な話が多岐にわたってできたのはとても有意義な時間でした。
どの国もインプラントは簡単にできる治療(ほとんどが経済的な事情)ではありませんが、インプラントに入るまでの初期治療が将来を決める事は間違いありませんでした。クリニックとしても初期治療である歯茎の治療、ムシ歯の治療 そして歯並びまでは重要事項として、その先にきちんとした治療の手段としてインプラントを使用ことを強化していきます。
それにしても、日が暮れるのがPM10時を回ってからというのは慣れません。。。。

read comments

気合いいれて参加します

おはようございます。横浜市港南区港南台にある 吉田歯科クリニック 吉田です。
本日よりインプラントの研修に行かせていただきます。現在、インプラントは以前のブログにも書かせていただいたようにNYU(ニューヨーク大学)を中心に学ばせていただいています。しかし、今回は私の所属しているITIという世界的なスタディーグループのチェアマンが主宰している実践研修に参加いたします。
参加するきっかけはITI横浜支部での学術的な話から始まり参加させていただけるお話をいただきました。
参加プログラムはCCDE(http://www.ccde.ch) ベルン大学でのGBR&SFEの研修です(骨造成とサイナスリフト)。NYUでの卒業レポートもサイナスリフトをテーマにさせていただいているので術式や根拠の検証に楽しみです。
現在、吉田歯科クリニックではインプラント技術はアンチエイジングをテーマにする歯科学には必須の条件でありそれをいかに低侵襲でかつ成功率の高い治療をめざしています。CTという大きな装置はありませんが、提携するMatrixさんや大学とのデータのやり取りを行い、CGF、ピエゾサージェリー等の器具を用い、確固たる科学的根拠を認識し治療に当たっています。
これからの歯科医療はアンチエイジングであればインプラントを、歯科予防学とすれば顎顔面矯正による早期の顔面骨格の確立と考えます。
今回の学びを、地域の皆様、YSCのメンバー、家族に還元できる様生かして参ります。また随時報告させていただきたいと思います。

read comments

イベント開催中

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。5/16以来の更新です。GW明けから副鼻腔炎に悩まされ半月があっという間に過ぎました。
クリニックでは、5月に川崎と長野から二件の歯科医院さんが見学に来られました。二件とも院長先生の情熱が凄く、我々も多くの気づきを得る事ができました。同じ職種でも見る視点が違いますので、普段思いもしないところに指摘を受ける事が今後の成長に繋がります。
ところで現在は『歯の衛生週間』という事で恒例のイベントを開催しています。今年は『噛む』『咀嚼』をテーマにチーフの中山が中心となって開催しています。スペシャルレシピや噛むトレーニング、舌のポジションの重要性がありますのでぜひご覧ください〜

read comments