三回目の研修

こんにちは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
八月最後の週は、韓国でDr.Sang-Choon Choのインプラントセミナーに参加させていただいています。家族とスタッフメンバーの協力もあって本当に参加するには感謝しても足りないくらいです。。。
Cho先生の研修はニューヨーク大学のつながりもあり(ニューヨーク大学教授なので)参加は三回目になります。一般的に研修は同じ内容で続くのですが、毎回アップグレードされていて最新の話や器具が聞けるのがなりよりです。
インプラント治療はもう世界で認められている治療方法です。近年の日本のネガティブに聞こえるインプラント報道には疑問にも感じます。
本当に良いものをきちんと伝えて、自費、保険というルールにとらわれず、本質的な治療をしたいです。していきます。。。

read comments

レジン修復の学び

日曜日に、日本大学の保存学教室にいってきました。
お茶の水には、東京医科歯科大学、日本大学歯学部、日本歯科大学と3つも大学があるのです。大学街ですね。近隣には明治大学や順天堂大学まで。。。大都会でした。
日本大学はニューヨーク大学の講義でも利用させていただきましたが改めて伺うと伝統ある環境を感じます。
さて、今回は保存学のプライベートセミナー。友人の芦澤先生よりお誘いを受け、歯科界では有名な宮崎先生の講義と実習です。なにが、、というと接着とレジンです。
接着は、皆さんの知っての通り『くっつくこと』
レジンは、プラスチックの樹脂です。女性のかたは、つけ爪をイメージするといいかもしれません。
接着の技術は、日本の歯科業界は世界のトップなんです〜凄いことなんです!!歯にレジンをくっつけることはとっても難しいことなんです。お口の中は、唾液で年中湿気いっぱい、食事の熱やつめたいもので暑かったり、冷たかったりで大変なんです。さらに固いものや酸っぱいもの、劣悪環境にさらされているのです。。。。
それを少しでもながく持つように技術開発がされているのです。
日常の臨床ではレジンは最も頻度の高い治療方法なので興味は抜群です。
早速、最新の接着技術にふれ楽しくなってきます。そして、レジンを利用した歯の修復処置に感銘を受けます。よくおこなう治療方法ですが改めて、保険や自費という枠をとりはらいきちんとしたレジン修復を行うととっても綺麗になるのです。(残念ながら、今の保険制度では、保険で使用できるレジンが限られていることと診療報酬のバランスもあり保険外診療に限られてしまいますが。。。)
吉田歯科クリニックでも望まれてこのレジン修復を行う方がいらっしゃいますが、お約束の時間は60分からです。それだけ細かく繊細なんです。
それに今回の新しいレジン材料と最新の接着技術をあわせて、今後も吉田歯科クリニックでは望まれる方々に提供できる様していきたいと思います。
もし、前歯の治療でお悩みであれば一度ご相談ください。HPの症例集にもケースがありますのでご参考に!

read comments

技工室作る計画中

おはようございます。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
クリニックの夏休みも終わり二日前から診療が再開しています。夏休みには医局の整理や技工室?を作る準備をしていました。現在、制限はしていますが顎顔面矯正(お子さんの矯正)を行う方が増えていて器具の作製に時間を要しています。少しでも多くのお子さんの笑顔としっかりとした歯のはえるスペース、ベース作りの為に邁進して参ります。
顎顔面矯正は床矯正に比べて装置、器具が大きく、取り外しができなくしっかりとした矯正治療になりますが、本当にしっかりとできます。ベースが!!

写真は途中のケースですが、短期間でこれだけ変わるのです。。。
そして本日は、日本大学に行かせていただき、レジン充填の基礎を学びにいってきます〜

read comments

夏休み

横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。 しばらくぶりの更新です。
クリニックは夏季休暇に入らせていただきました。15日までのおやすみです。お約束のとれない中大変申し訳ありません。
更新が滞っていたのは、七月にICOI国際インプラント学会の認定医の試験がありました。二年前より目標を立てて地道に活動してきました。その間には診療を休診させていただいたり、スタッフメンバーにカバーしていただいたり、家族には長い留守をお願いしたりいろいろと迷惑をかけてきました。試験も無事にPassすることができ一つの目標が達成できました。
港南台周辺にはインプラントをされている歯科医師が限られていること、きちんとしたコンセプトの元で治療がされていない部分もみうけられるので、しっかりと予防歯科の一つの手段としてインプラントを有効に伝えていこうと思います。

read comments