虫歯の概念と食事

K2カリエスと食事 簡易版
食事と虫歯の関係についてお話をする機会がありました。
虫歯の概念=YSCの考え方でもあります。虫歯=穴があいた状況=長期間におけるプロセスの過程。です。。。我々の目に見える状況になってからはかなりの時間が経っているのです。
虫歯予防は本当に一生懸命な努力がいるのです‼️‼️
スマイルキッズに入会だけでは、予防はできません‼️
ぜひ、スライドをみてください。お食事の糖質の量をみて下さい。。。
食事による本気のアプローチ、唾液、フッ素入り化合物など 本当に必要です

read comments

糖質制限続いてます

こんばんは。横浜市港南区にある吉田歯科クリニック 吉田です。
いよいよワールドカップグループリーグ最終戦が近づいてきました。。。対 コロンビア。。どうなることでしょうか。。。最後の最後まで楽しみ☺️
さて、歯の衛生週間が終わって数日立ちますが、私は現在 自分の糖質制限と一緒に『糖質制限と虫歯・歯周病の関係』を学ばせていただいています。

糖質はお口の中に悪影響を及ぼすのです。。。
高血糖→糖分による虫歯にかかりやすい・お口の中が酸性に傾く 酸性化これは非常に厄介なことです。酸性化すると身体のなかにあるリンパ球がよらなくなり治癒がおくれるのです。糖尿病のかたが、傷の回復が遅い、感染しやすいのもこれに当てはまるのです。
低血糖→血糖値を上げようと血糖上昇ホルモンが出され、歯ぎしり、食いしばり、TCH(歯列接触癖)
糖化→象牙質や歯槽骨の老化を早めてしまう
そもそも、身体が酸化してしまうことは、歯に関係することだけでなく、全身に多くの影響が出ます。
酸化防止にいろいろな方法が出てますので、近いうちにアップさせていただきます。

read comments

本日はサッカー

おはようございます。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
本日はサッカー日本代表のワールドカップ初戦ですね。コートジボアール、、、強いな〜がんばれー、、、
クリニックのアメブロにも記入させていただいたのですが、昨晩は素敵な東京タワーをみることができました。http://ameblo.jp/ysc2013/entry-11878306838.html
昨晩は久々にともに気合いを入れている先生方とお会いすることができました。その中でも、東金でがんばっている斉藤先生、元町で気合いの入った外科医の加藤先生、中高大と親友の服部先生にお会いできたのです。みんな違う角度からの集まりで、、、引き寄せの法則ですね。

それぞれ違う場所ですが、ものすごく治療、地域のためにと歯科医療をおおきな面でとらえているのです。
歯科治療は短い時間では対応できない、精密かつ長時間を要することが本来あるべき治療なのですが。。。
彼らと話していると解決にはつながりませんが、糸口や医院運営にヒントが見えてくる感じです。。。。
本日もがんばります〜

read comments

衛生週間の力作をぜひ現場で‼️

こんにちは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。梅雨に入ってしまいました。あじさいが満開となっていますが少し肌寒い感じです。みなさま、お身体の調子はいかがでしょうか。
先日、私どもクリニックで導入しているセラミックの機器の研修に行ってきました。セラミック修復はいままでの歯科診療の中では、金属アレルギーを排除するおおきなメリットがあります。実際に、金属アレルギーを含め歯科用の金属で問題が起こっている方を見受けられ対応を必要と知るケースが増えてきました。皆様はどうでしょうか。

それとはまた別に、現在 院内では歯の衛生週間として『歯周病』をテーマに掲示を行っています。ここ数年、いろいろなテーマで衛生週間を行っていますが、掲示物のクオリティがものすごくあがっています。ほんとうに 物凄くです
ぜひ
皆様、みてみて下さい‼️力作だらけです〜

read comments