入れ歯について知っていただきたいこと(冊子原稿??)

□入れ歯が落ちる
□入れ歯がガタガタする、落ち着かない
□入れ歯を小さくしたい
□入れ歯から脱出したい
□嚙める入れ歯が欲しい
□入れ歯を入れると気持ち悪い、頭が痛くなる
入れ歯が問題を起こす要因は多く存在します。今回は少しずつお話しさせていただきます。
□入れ歯が落ちるについて
入れ歯が落ちる理由はなんでしょう?
例えば、コップに水を張ってガラス板で持ち上げてみましょう。コップが表面張力で持ち上がることをご存知ですしょうか?入れ歯は、この表面張力で上顎についているのです。表面張力で持ち上がるコップは、周囲に空気が入ると落ちますね。入れ歯も同じなんです。

入れ歯の周囲に『表面張力』ができるためには、、を考えてみましょう。
a,表面張力が得られるために密閉するある程度の大きさ、範囲が必要
b,空気が入るのは、傾いたりすることなので、傾きにくい正しい噛み合わせがポイントが必要
c,表面張力を得られるためには水分(湿ること)、お口の中では、唾液の分泌が必要です。
aの解決には
 入れ歯の型取りと精度、空気に入りにくい最低限の大きさを
bの解決には
 噛み合わせの位置の修正、噛み合わせがズレている場合は、正しい咬みかたのリハビリテーションを
cの解決には
 唾液の分泌の促進
 多くの薬を飲んでいると唾液が出にくくなるので、薬の見直しや基本的な全身管理を再確認してみましょう
さらに詳しく見てみましょう~
a,入れ歯の型取りには、幾つかのやり方と技術が必要です。
 一般的にはアルジネートという印象材のみで行う(精度60%)
 
精密なシリコン印象材と個人トレーを用いて行う+咬座印象を行う

b,噛み合わせ
 歯を失って噛み合わせがズレていくには長い時間の問題によって起こります。ズレてしまった噛み合わせの修正には同じくらい時間がかかるのです。癖の修正に似ています。一番最初に失う歯はどこが多いかご存知ですか?
下の奥歯が多いのです。
逆に、最後まで残る歯は、どこでしょう。
下の前歯なんです。下の前歯、上下の犬歯を失うと入れ歯だけでなく最も難しい方向へ進むのです。
そして、下の前歯が残ることで、下顎が前に行きやすくなり、顎が回転して、上顎の前歯を突くのです。それで上の前歯が、前に押され、入れ歯であれば上の入れ歯がストンっと落ちていくのです。
 どのような過程を経て、ご自身の歯がなくなってしまったか、、これを知ることは今後入れ歯を作る上では非常に重要なのです。
 下の前歯だけが残っている場合は非常に困難が予想されます。
 そのためには、治療用の入れ歯を作り、噛み合わせの面を整え、お口のリハビリを行っていきましょう。

□入れ歯がガタガタする、落ち着かない
 総入れ歯であれば、噛み合わせの位置のズレが考えられます。保険の入れ歯はレジンという材質でできています。一番使う歯もプラスティックなのです。レジンは非常に柔らかく毎日食事で使用するだけでも2年くらいで、溝が無くなりツルツルな歯になっていきます。奥歯が擦れてなくなってくると、前述したように下の前歯が上顎を突っついてきて、入れ歯がガタガタし、落ちてきます。
それを解決するには、しっかり奥歯で噛めている入れ歯を使うことが必要です。
保険であれば使用期間を確認知っておくこと、2-3年で作り変えること
保険外であれば、骨格や筋肉に応じた歯を選択し、それでも状況に応じて人工歯の交換を行うことです。言い換えればクルマのタイヤと同じですね。

 部分入れ歯であれば、レストと言ってボッチみたいな部分の破損が起こるので都度確認が必要です。金属疲労で裂けてしまうこともあります。入れ歯が食い込む、沈むなどあればここの破損を疑いましょう。保険であれば、その部分の作り直しを第一選択に、不可能であれば入れ歯の作成を行います。保険外の入れ歯であれば壊れることは少ないですが、壊れた場合には預かり修理で対応できます。
入れ歯の落ち着かない理由
 部分入れ歯は、歯にバネがかかることで少しでもお口の中に止まっていますが、総入れ歯はそうはいきません。
 総入れ歯は、頬の筋肉、舌の力、唇の力のバランスの中で落ち着いているのです。そのバランスを保つためには、筋肉を使っていないと不均衡が起こるのです。今まで、あっていない、噛めていない入れ歯で長い期間使用していると筋肉は落ち、不均衡のままでいるのです。そう言った場合には、不均衡を是正した入れ歯(治療用の入れ歯)を作り、リハビリを行っていくのです。このリハビリはとても重要です。同様に食事中に入れ歯が滑ったりする方もです。入れ歯が滑るのは、片減りになっていることが多く、片減りの入れ歯で噛むことで滑るのが理由です。同じように、治療用の入れ歯を作って、癖の改善を行って行きましょう。
□大きな入れ歯を小さくしたい
 これは非常に難しい問題です。
 総入れ歯を小さくすることは、コップの理論(表面張力)からすると入れ歯を落ちやすくすることになるのです。また、上顎では、真ん中を薄くすることは可能ですが、周囲のヘリを小さく薄くすることは、筋肉を支えるバランスからすると落ちやすくなるのです。総入れ歯を小さくすることは非常に限られているのです。
 上顎なら、口蓋の部分
 下顎なら、筋肉の動く範囲まで
保険外の入れ歯を作ったとしても、小さくするというよりも、強度と薄くすることで、味や感覚を良くすることがメインになります。本当に小さくするには、インプラントを用いるほかありません。
部分入れ歯であれば、多くの方法で入れ歯を小さくすることは可能です。

保険では、バネを使うことが条件ですが、保険外では歯の条件によりますが、アタッチメント、磁石、コーヌスなどの方法をとることが可能です。また残っている歯とインプラントを組み合わせることでもっと小さくすることもできます。
□入れ歯から脱出したい
入れ歯からの脱出には、幾つかの問題があります。入れ歯になったまでの過程には『時間をかけて歯を失った』経緯があります。虫歯、歯周病。。決して良い環境とは言えない状態で歯を失っているのです。環境改善がまず第一に必要です。
環境改善後は、ブリッジ、インプラント状況に応じて可能です。そもそも、ブリッジやインプラント、入れ歯とかの話でなく、入れ歯になった理由はなんだかということです。どのように失ったか、失ったことへの改善意志が重要です。最も重要です。
それに続く大事なことをお伝えします。
噛み合わせ(咬合平面)を揃えることです。多くの方が、歯を失って入れ歯を作り、また失って入れ歯を作り、そもそもどこが本当の位置なのかがわからないのです。その状態で入れ歯を作っても、あうはずがありません。
ここで1つ問題が、国民健康保険では、虫歯を詰める、歯周病の治療の一部、外傷 あどは保険でできます。保険でできないものが、審美治療、歯並びや噛み合わせの位置を治す、歯周病治療の一部とインプラント、金銀パラジウム以外の健康に良い材料は出来ないのです。
そもそも、本気で治療を行う最初の一歩に大きな壁があるのです。

噛み合わせの平面を揃えるには、位置の変わった歯を抜歯することもあります
□咬みきれない
入れ歯が咬みきれない理由には、2-3年するとプラスティックの入れ歯の歯が擦れて無くなり平坦な噛み合わせとなります。平らな歯のかみ合わせですとかみきれない大きな原因になります。そして、ほとんどが気付かず使っています。痛くないから。。。痛くなる時は、『顎が痛くなる』ときです。噛み合わせのが低くなってきたその症状です!
すり減った入れ歯での解決は歯を交換することです。交換出来るのは、保険外の入れ歯のみで、健康保険での入れ歯は新しく作り変えなければなりません。
□入れ歯を入れると気持ち悪い、入れれない、頭が痛くなる
できる限りの入れ歯を小さくすることはできますが、やはり限界があります。この場合は特殊な方法ですが、残った歯を利用した、コーヌス義歯、もしくはインプラントを応用した入れ歯を検討してみましょう。
最後に費用の話を、入れ歯を作ることは健康保険で認められています。残っている歯の数によって費用が違います。バネのない入れ歯や、クッションが付いていてとても楽な入れ歯、金属を用いた匠の入れ歯、インプラントなどは保険では出来ません。
噛み合わせの平面を揃える治療も、診査診断で15万円。その先に必要な費用は残っている歯や条件によって変わります。
入れ歯全体のバランス調整(院長のみ)特殊な咬合器を使ってバランス調整も保険ではカバーしていません。
少しでも美味しく、そして、次に作る入れ歯を快適に、何度も我慢することをやめる方向を考えてみませんか。
上述した、噛み合わせの位置を整えるだけでもその先が開けてきます。ここを変えない限り、もちろん変える必要のない方もいますが、状況は変わらず、毎回毎回ただ入れ歯を作り変えるだけなのです。互いに哀しいままです。。。。。
最重要は、『歯を失った原因をご自身で理解し、咬合平面を整えること』
ここまで本当に長文を読んでいただき感謝いたします。
入れ歯を作るということは、実は本当に大変で皆様の協力が必要であることを知っていただければと思います。現在、私は『前歯で嚙める入れ歯をつくる』元顎咬合学会会長の河原先生と一部マスメディアの協力を得て啓蒙活動を行っています。活動の一部はホームページにてアップしていますのでお時間あるときに見ていただけると幸いです。

read comments

お口の写真をみてくださいね

横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。GWが終わると五月もあっという間に後半戦です。皆様いかがお過ごしでしょうか。吉田歯科クリニックでは、新人の高橋、四戸が最初の大変な三ヶ月を毎日遅くまで残ってトレーニングに励んでいます。学生気分も抜け、社会人として連休が明けるとトレーニングもハードになりヘロヘロですが、是非応援お願いいたします。さて、4月からクリニックでは、普段使用する口腔内写真用のカメラがリニューアルしました。『あまりカメラなんて気にしてない』もしくは『今までの歯医者さんで写真を撮ったことがない』 などあるかと思います。しかし、実は治療を始める前のお写真はとっても重要なんです。治療を始める前の写真には多くの歴史が詰まっているのです。

例えば、上記の写真の方は銀歯、失った歯など なぜ、いつ、なんで金属を入れたかなど多くの歴史が詰まっているのです。多くの金属が入っていれば、虫歯の危険度が高かったり、歯を失っていれば、虫歯なのか歯周病なのか などヒントも隠されているのです。

当院では、資料を集め、お写真を説明、お伝えする時間を作っています。今一度、ご自身のお口の歴史に興味を持っていただけると嬉しいです。

read comments

休暇は大事な要因です

こんにちは、横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。GWも終わり、YSCメンバー一同充電させていただき感謝しております。普段なかなか取れない貴重な時間でメンバーそれぞれ色々と体験してきたようです。
歯科道を進むと、歯科の知識はもちろん必要ですが、休暇を使って色々と経験することは人間力を上げる大事なことと考えています。歯科治療はあくまでも歯を見るのですが、歯を見る前に自分たちのこと、メンバーのこと、皆様のこと、YSCのこと を見て行ける力が必要と私は思います。ある先生の言葉では、『歯科は人のQOLを上げる大事な分野』QOLに携わるには人間力アップは欠かせないのです。

また、近年、海外での研修に行かせていただき、日本の治療と海外の治療の違いについてだけでなく、家族との関わり、メンバーとの関わり、仕事観をも学ばせていただいています。私の目標の一つに、皆様には申し訳ないのですが、海外の歯科医院、医療従事者並みの待遇を目指しているのです。それは決してお金の問題ではなく、人生的、人間的な広い見地を持ってもらいたいのです。それが必ず、良い治療にもつながると信じています。

read comments

久々の投稿と歯周病研修

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。一ヶ月以上も更新せずに来てしまいました。。ゴールデンウイークも終わりに。。。申し訳ありません。吉田歯科クリニックでは診療が9日よりスタートいたします。長いお休みを本当に感謝しております。
さて、四月の末に私は韓国の延世大学に研修に行かせていただきました。延世大学の歯周病科の研修ですが、あちらの歯周病科と言っても年間3000本ものインプラントを行っているようでして。
歯周病の研修は久々で、改めて一般治療の基礎の部分に当たる事を再確認させていただきました。日本の治療はどうしても虫歯をすぐに削ってすぐに修復しようとしますが、本来は歯周病や歯の周りについた汚れをしっかり取ってから修復治療という手順です。健康保険も、一回のスケーリングと呼ばれるプラークの除去は上顎か下顎かのどちらかしかやってはいけないルールなので回数もかかります。また現行の保険制度では歯科医院の経営も成り立ちません。
その点、海外は保険がない代わりに正当な時間と費用で治療やクリーニングが行えるのがうらやましく思います。
延世大学の話に戻ると、なるべく初期導入の際に、来院者の皆様に、歯肉炎の治療と歯周炎の治療をしっかり行う重要性、もしくはなんでこれが必要なのかを分かっていただき、自ら行うことを知っていただく、コミュニケーションをとることを確認してからスタートすることを力説していました。当院ではヘルスプローモーションの考えですね。
そして、衛生士さん向けですが、

この写真は、超音波スケーラーと手用スケーラーの比較の参考文献です。

超音波も磁気型のスケーラーも除去率に違いはない文献です。
仕上げは、手用スケーラーで一時間で一回目が終わるそうです。

これで、かなりの費用を請求されるので患者さんも気合い入れて臨んでいます。どこかで聞いたような話です。。。。ダイエットで通わせていただいた、某GYMも、良いお値段でしたのでその分気合い入れて痩せようとしますのでそれもアリかと。。。。保険だと2000円そこそこだと中途半端なのかも?
費用がかかる分だけ、気合いが入るのかと思った研修でした(爆)

read comments