ミャンマーボランティアその3

こんばんは横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。ミャンマーボランティア三回目のお話です。このような会には現地の協力なしにはうまくいきません。一番の中心にサポートしてくださったのは、田中さんです。

世界を渡り歩いた経験を生かし現在はミャンマーで多くの農業技術と知恵を伝授しています。
フルムーン孤児院での生活は、電気と水道のありがたさを教えてくれた貴重な時間でした。そんな中でも子供達は朝早くに自ら起き、子供達どうして勉強や身支度をする姿になんとも言えない感覚に襲われました。

朝の時間を過ごすと、年齢の大きな子供達は歩いて学校へ、小さな子たちはトラックで学校へ向かいます。

都市部の赤ひげ孤児院、郊外のフルムーン孤児院と回らせてもらい虫歯の数や歯列の形態など違いが見受けられ臨床にも大いに役立ちました。やはり食事は本当に大事で、歯磨きを習慣化して浸透できれば本当に微力ながら将来につながる可能性を感じました。ミャンマーという国にも今まで接点や知識がなかったのですが今後関われればと思っています。
最終日は、ヤンゴンなら行かないとまずい、シェーダゴンパゴダに見学。メンバー全員で最後の素晴らしい夜と反省会とディスカッションを行い来年に繋げる約束をしました。歯科でできることは本当に微力ですが少しでも繋がれれば幸いです。

read comments

ミャンマーボランティアその2

ミャンマーボランティア その2です。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
ヤンゴン郊外にあるフルムーン孤児院に来ました。毎回ここがメインだそうです。毎年来るたびに、寄付で施設が良くなっているようです。が、まともな電気の供給はなく、水道も来ていないため、雨水や井戸からの麦茶のようなお水です。
早速ついてミーティングと準備です。
子供達は準備から気になって見に来るわ、やたらに多くのゴキちゃんが飛んでるわですごい状況。でも笑顔は絶えません。
風呂に入ることなどできないことを忘れるくらい汗だくです。。。。

ここですごいことが、、、、、虫歯が少ない‼️歯並びもいい‼️
フルムーん孤児院すごいぜ。親知らずまできっちり。
これも食事だったのです。クロエ先生がセミナーで行ってたな〜〜を思い出します。お菓子がなく、穀物が多く、かむ回数が多いので、下顎の臼歯が倒れていないのです。ミャンマー人は日本人よりも小さく顔も小さいのに歯並びがいいなんて===
今の日本は物があふれていますし、食事も大きく変わっているので比べることはできないのですが、私の臨床経験に大きな衝撃を与えてくれました。顎顔面矯正を行っている子供達は頑張ってくれています。嫌な装置を文句言わず付けていることに感謝です。それを行わずして綺麗な歯並びを多く見てしまったことに衝撃。。。。。。

食事を拝見  穀物とライス

夜は、子供達と文化交流です〜

みんな元気で、笑顔から チカラをもらいました。虫歯予防の重要さだけでなく、やはり食育重要です。それも想像以上の咀嚼回数、咀嚼運動です。吉田歯科クリニックのスマイルキッズでの虫歯予防。スマイル教室での食育。間違っていないことを確信しました。しかし、回数や、伝え方はもっともっと勉強していかなければならないことをもわかってしまいました。より一層の努力をしていきます。

夕飯は、子供たちが精一杯のおもてなしをしてくださり感謝でいっぱいです。

read comments

ミャンマーボランティア その1

こんにちは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
行ってきました。ミャンマーです。 =『歯ブラシで世界から虫歯を無くす会』=素晴らしい、崇高な理念の会です。きっかけは、私がお世話になっている矯正の相原先生からです。
ほぼほぼ、諸外国では虫歯があって痛みがあると、抜歯なんです。早く抜歯をすると痛みは取れるのですが、その後が実は大変なことに。歯が無くなると、何かしら代用を置かなければ、歯が倒れたりして歯並びが崩れるのです。
この『歯ブラシで世界から虫歯を無くす会』の一番なところは、歯を大事にする、予防歯科、保健指導がメインです。もちろん治療も行いますが、歯を大事にするためにはどうしたらいいのかを伝えに行くのです。もちろん、吉田歯科クリニックでも同様なことを行って、少しでも来院される方に虫歯を減らしていただき、歯周病を減らしていただき快適なお口の中を、健康的なお口の中を過ごしていただきたいと願っています。ですので、当院には、歯科衛生士が多く勤務していただき、スマイルクリエーターにも十分すぎるくらい勉強をしていただいているのです。
それはさておき、ミャンマーの話に戻りましょう〜
今回は、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士 総勢16名で参加です。

ミャンマー暑いですね〜33℃。真夏です。
早速、ヤンゴン市内の孤児院と小学校訪問。舗装されてない道をかき分け歯科器材を持って出動です。
子供達はわんさか集まってきます。歯ブラシする習慣があまりないので、歯ブラシをみんなにプレゼント。この会も今回で5回目なので、覚えている子供達は興味津々に集まってきます。言葉の壁もなんのそのです。

しかーし、、、、虫歯が多いぞ〜〜〜ものすごく
僧侶の方はなんと虫歯が劇的に少ない。。。
後からわかったことですが、食事に起因することが多いことが判明。子供達も、僧侶の子供も食べる穀物は一緒ですが、お菓子を食べないのです。多方面からの寄付で多くのお菓子やジュースが持ち込まれそれを食するか食さないかでリスクや出来事が違うのです。

吉田歯科クリニックに来てくれる子供達は虫歯が少なくなっていますが、まだまだ全然ないわけではありません。今の日本ではお菓子を全く食べないわけにはいかないですし、歯ブラシ、フロス、フッ素などは十分いきわたっています。
それでも、虫歯になってしまうお子さんもいますし、これ以上予防する手立てがないほど一生懸命なご両親も居ます。『どうして虫歯になってしまうんだ〜〜〜』と困惑されることもありますが、感染は生まれた時から可能性はあるので、歯ブラシ、フロス、食事、飲み物、フッ素、唾液の量とできる限り多角的にトライし続けないといけないことを実感しました。

次は、郊外のフルムーン孤児院へ

read comments

虫歯増えませんように

こんばんは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック吉田です。
私はただいま、歯磨きで世界から虫歯をなくす会で ミャンマーにきています。11/1の夕方にミャンマーの首都ヤンゴンに来ました。初のミャンマーです。
今回の主催する会は5回目の開催。歯科医師5名、歯科衛生士15名、歯科技工士1名の限られた人数での参加をさせていただいています。さっそく明日への準備と器具の確認等行い万全で望みます。

read comments

青森での気づき

おはようございます。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。本日より11月に入りました。急に寒くなって秋がない今年ではありますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?
先日、当院のメンバー四戸と卒業校へ挨拶、お話をするお時間をいただきました。場所はなんと青森‼️メンバーの四戸の出身は青森なんです。診療後にかだずけをみんなにお願いして一路青森へ。到着したのは23時半を回っていました。翌日朝早くに起きて近くを探索。青函連絡船に おお〜〜です。

翌日、四戸は卒業生として在校生の前でしっかりとお話をしてくれて嬉しかったです。こうやって卒業後もWelcomeでいてくれる学校と生徒の関係って素敵です。見習うべきこと満載の時間でした。
クリニックのブログやホームページを見て吉田歯科クリニックに興味を持っていただけましたら、2017年春から当院での笑顔創造に力を貸してくれるメンバー募集しております。よろしくお願いします。

read comments