専門性と地域密着の融合へ

こんにちは。横浜市港南区港南台にある吉田歯科クリニック 吉田です。
すっかり季節は秋になり、秋雨の状態になってきました。クリニックも時期の早まったスマイルフェスタにむけて準備を始めています。楽しみにしていて下さいね。

私はと言うと、数年ぶりのボストンに来ています。現在、衛生士の中山と勉強しているPHIJの研修の繋がりでアメリカ歯周病学会に参加です。歯周病学会の前に、タフツ大学に来ています。https://dental.tufts.edu/about
ちょうどタフツ大学で顎関節について講義を受けていました。この後はタフツ大学の歯学部卒後研修についてお話を、そして技工部の主任が日本人であるので彼のお話も聞く機会があります。

海外の大学に行くと思うことは、専門がはっきりしていて、日本のように全てを見ることがない状況に違和感を覚えます。海外の先生から見たら日本が異質に見えますね。
私のクリニックは超地域密着を掲げているので、マタニティのかた、お子さん、成人、有病者、高齢者、修復治療、根の治療、補綴、外科、矯正、インプラント、デジタルデンティストリー、、、、組み合わせるとものすごい可能性が考えられます。日本の歯科医師の先生はその組み合わせを瞬時に振り分け、かつスキルを提供できることにリスペクトを感じます。その中で、特化したスキルを詰めていくことは本当に難しいことです。

吉田歯科クリニックでも各ドクター得意なものやチームで対応できる症例などがあります。10月より院長の私からですが、より特化した部分の診療を集約していきます。初診、再初診の皆さまを院長の私が拝見させていただき、チームで担当医を決めさせていきます。

より質の高い治療と地域密着への医療を提供できる方向へのシフトです。
引き続き宜しくお願いします。

Comments are closed.